新型コロナウイルス感染症拡大の終息に向けて 東京都関係団体に50万枚のマスクを供給することを決定

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長 大山 晃弘)は、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが手に入りにくい状況が続いていることから、東京都の関係団体である一般財団法人東京都人材支援事業団に50万枚のマスクを供給することを決定しました。
 このたび、各地で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症による肺炎等でお亡くなりになった皆さまに謹んでお悔やみを申し上げますとともに、引き続き闘病中の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

 このたびの供給マスクは、同団体がマスクの寄付を検討するなか、東京都からの紹介を通じて対応するもので、都内社会福祉施設などに配布される予定です。

 当社は、新型コロナウイルス感染拡大の早期終息に向けて、今後も行政ならびに業界団体と連携を図りながら、必要な支援を行ってまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. 新型コロナウイルス感染症拡大の終息に向けて 東京都関係団体に50万枚のマスクを供給することを決定