テレビ・インターネット・電話などとセットになった「J:COM電力 家庭用コース」開通世帯数20万突破!

株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧 俊夫、以下 J:COM)は、2016年4月1日より提供を開始した、低圧電力小売りサービス「J:COM電力 家庭用コース」の累積開通世帯数が、J:COMグループ全体で1月31日時点において提供開始から約10か月で20万世帯を突破しました。提供開始以降、主に対面販売により本サービスの特徴をお客さまに丁寧にご説明することにより、毎月持続的に多くのお客さまにお申込みいただいております。
J:COMは、「J:COM Everywhere」構想のもと、ケーブルテレビ、インターネット、電話、モバイル等の放送・通信サービスを核にして、地域のお客さまの生活に役立つ様々なサービスを“ワンストップ”で提供することを目指しています。2017年4月には、「電気」に続き、関西エリアで「ガス」の提供も開始し、ますますお客さまの利便性を高め、お客さま満足度の向上を図っていきます。

 2016年4月に提供開始した、「J:COM電力 家庭用コース」は、J:COMサービスエリア内の一戸建ておよび集合住宅各戸が対象です*1。ケーブル多チャンネル放送、高速インターネット、固定電話を含むJ:COMサービス(長期契約プラン)*2と組み合わせることで、地域電力会社に比べて電力量料金(従量部分)を3段階式で割り引いて提供します。割引率は、地域電力会社の従量電灯メニュー*3の第3段階料金部分(300kWhを超過する分*4)が10%、第2段階料金部分(120kWhをこえ300kWhまで*5)が1%、第1段階料金部分(最初の120kWhまで*6)が0.5%です。

 J:COMは、今後も放送・通信に加え、生活に欠かせないライフラインである「電気」「ガス」を提供することで、より一層お客さまとの接点を強化し、暮らしを支える地域密着のサービスを展開していきます。

*1高圧一括受電サービス(「J:COM電力 マンション一括コース」を含む)を導入している集合住宅にお住まいの方は、小売りサービス「J:COM電力 家庭用コース」をご契約いただくことはできません。
*2 対象プランは、http://www.jcom.co.jp/service/electricity/price/をご参照ください。
*3 北海道電力、東北電力、東京電力、九州電力エリアのメニューは従量電灯BまたはC、関西電力、中国電力エリアのメニューは従量電灯AまたはBとなります。
*4 北海道電力の場合は、第3段階料金部分が280kWhを超過する分となります。
*5 北海道電力の場合は、第2段階料金部分が120kWhをこえ280kWhまでとなります。
*6 関西電力、中国電力の場合は、第1段階料金部分が15kWhをこえ120kWhまでとなります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. テレビ・インターネット・電話などとセットになった「J:COM電力 家庭用コース」開通世帯数20万突破!