JBA、B.LEAGUEとスポンサーシップ契約

バスケットボールを幅広く支援

〈報道関係のみなさま〉
バスケットボールを幅広く支援
JBA、B.LEAGUEとスポンサーシップ契約

  株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は1月1日付で、公益財団法人日本バスケットボール協会(東京都文京区、三屋裕子会長、以下JBA)、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、大河正明理事長、以下B.LEAGUE)とスポンサーシップに関する契約を結びました。

  1月2日に開幕した第92回天皇杯・第83回皇后杯全日本総合バスケットボール選手権大会を皮切りに、JBAのサポーティングカンパニーとして、日本代表を含むJBAの主要試合、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)*、都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会(ジュニアオールスター)、全国ミニバスケットボール大会*、3×3日本選手権大会などを支援してまいります。また、B.LEAGUEにおいても、サポーティングカンパニーとして本年度よりリーグを盛り上げていきます。アマチュアから日本代表やプロリーグまで幅広くバスケットボールの発展に貢献したいと考えています。
*は朝日新聞社主催の大会

朝日新聞社は100年を超える歴史をもつ全国高校野球選手権大会を主催するほか、サッカー日本代表のサポーティングカンパニー、Jリーグ100年構想パートナーをつとめるなど、さまざまなスポーツを支援しています。今回のスポンサー契約を機にますますスポーツの振興に力を尽くしていきます。

朝日新聞社代表取締役社長 渡辺雅隆のコメント
 バスケットボールは登録競技者数が約63万人で、サッカーに次ぐ規模を誇ります。そんな人気競技を支援できることを光栄に思います。報道を中心とした朝日新聞の取材・発信網などを活用し、さらにバスケットボールを盛り上げていきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞社 >
  3. JBA、B.LEAGUEとスポンサーシップ契約