京王沿線で初となるKARIOシリーズ「KARIO(カリオ) SASAZUKA(ササヅカ) TERRACE(テラス)」が3月25日(月)にオープンします!

中長期滞在者向け宿泊施設の2号店、オープン記念イベントも開催

 京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)と京王不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:松坂 義信)では、3月25日(月)に、新しい宿泊・滞在スタイルを提案する中長期滞在者向けの宿泊施設「KARIO SASAZUKA TERRACE(以下:カリオ笹塚テラス)」を、京王線笹塚駅徒歩1分の笹塚テラス(所有:京王不動産)内にオープンします。また、3月18日(月)から宿泊予約の受付をスタートします。

≪2LDK客室内≫≪2LDK客室内≫

 

地域交流ラウンジ「笹塚アキチ!」地域交流ラウンジ「笹塚アキチ!」

 カリオ笹塚テラス2017年2月に開業した一棟丸ごとの宿泊施設KARIO KAMATA(以下:カリオ蒲田)」に続く2号店として旺盛なインバウンド需要や多様化する宿泊・滞在ニーズに応え、自宅に居るような感覚で「暮らすように泊まる」「暮らすように滞在することができる設備やサービスを備えた中長期滞在者向けの施設ですフロントを設置し対面形式によるチェックイン(適正な本人確認)や料金収受を行うほか、清掃なども含め京王不動産が一括管理することで、安心して宿泊できます。

 笹塚駅周辺は、新宿からの良好なアクセスのほか、商店街や住居が集積しており、生活利便性が高いエリアです。商店街・飲食店など地域との連携を強化しながら、地下1階のラウンジで株式会社ネイキッドが企画・制作したプロジェクションマッピングによる地域情報の発信を行い、旅行者にエリア内での消費を促すほか、様々なイベントを開催し、インバウンドを中心に来街者を京王沿線に呼び込み、街の活性化にもつなげます。

 オープンを記念して、4月13日(土)には地域交流ラウンジ「笹塚アキチ!」にて、障がい者アートを用いた親子で楽しむ知育型アート鑑賞ワークショップ「脳が脱皮する美術館」を開催します。ニューヨーク近代美術館生まれのVisual Thinking Strategy(対話型アート鑑賞法)を範とし、多様性理解と知育を兼ね備えた画期的なプログラムです。また、「シブヤフォント」(後述)の商品販売も行います。
 詳細は下記のとおりです。

1.カリオ笹塚テラスの概要
(1)場所:東京都渋谷区笹塚1丁目56番7(京王線笹塚駅 徒歩1分)
      笹塚テラス 4階~6階[客室フロア]
(2)延床面積:855.06㎡(258.66坪)[宿泊施設部分]
(3)運営・管理:京王不動産株式会社
(4)客室概要:全18室(3タイプ)

(5)物件の特徴:笹塚に古くからある駅前ビルをリノベーションした複合ビル「笹塚テラス」内に誕生します。   新宿・渋谷へのアクセスが良好で、都内各所の観光の拠点に適した中長期滞在者向け施設です。
(6)宿泊予約受付URL:公式HPから各旅行予約サイトへアクセスしてください。
   http://www.keio-kario.com/sasazuka
   ※3月18日(月)から各予約サイトにて順次受付開始
    ※予約業務等に関しては、株式会社SQUEEZEと一部連携します。
(7)お客さまのお問い合わせ先
    京王不動産株式会社 営業企画部 企画担当 
    TEL.03-3299-3127 (平日10:00~17:00)

2.地域交流ラウンジ「笹塚アキチ!」の概要
 (1)場  所:笹塚テラス地下1階
 (2)面  積:102㎡
 (3)施  設:カフェ(8席)
 (4)営業時間:11:00~19:00
 (5)プロジェクションマッピング企画・制作:株式会社ネイキッド

地域交流ラウンジ「笹塚アキチ!」地域交流ラウンジ「笹塚アキチ!」


地域との連携施策について
 (1)障がい者アートを採用したルームキーホルダー
 カリオ笹塚テラスでは、渋谷区及び株式会社フクフクプラスと連携し、渋谷区の障がい者と学生が共同で制作した障がい者アート(シブヤフォント)をルームキーホルダーに採用しています。(サイズ タテ80mm×ヨコ43mm)

≪ルームキーホルダー(イメージ)≫≪ルームキーホルダー(イメージ)≫


 (2)プロジェクションマッピングのワークショップ(「笹塚アキチ!」内)
 「笹塚アキチ!」内のプロジェクションマッピングにおいて、地域の方を中心に、個人のスマートフォンから自由に地域情報を投稿していただけるよう、ワークショップ形式の体験会を実施しました。宿泊者に「暮らすように泊まる」「暮らすように滞在する」ことができるよう、さまざまなエリア情報を発信していきます。

 (3)オリジナル木製ベンチの設置
 笹塚テラスのエントランス広場に、2018年12月にデジタル加工したオリジナルの木製ベンチ8脚(木材の一部には多摩産材を使用)を設置しました。これは、笹塚駅周辺に在住されている小学生とその保護者約50人で、2018年9月から10月にかけて、ワークショップ形式で製作しました。
 【特 徴】
  ①波を打つような、活動的な街の人の流れをイメージしたデザインです。
  ②特徴的な曲線で高さが異なり、大人から子供まで幅広い層が利用できるデザインです。
  ③笹塚におけるお祭りなどに対応できるよう、広場のレイアウトが自由に変更できます。
  ④木材での製作となることから、期間限定(2~3年程度)での設置となります。

≪オリジナル木製ベンチ(左) ワークショップの様子(右)≫≪オリジナル木製ベンチ(左) ワークショップの様子(右)≫


オープン記念イベントについて
 「笹塚アキチ!」における親子で楽しむ知育型アート鑑賞ワークショップ
 「脳が脱皮する美術館」の開催
(1)日 時:4月13日(土)①10:00~ ②14:00~
(2)場 所:笹塚テラス 地下1階「笹塚アキチ!」内
(3)内 容:障がい者アートを使い、ニューヨーク近代美術館生まれのVisual Thinking Strategy(対話型アート鑑賞法)を範としたワークショップを開催します。お子さんと一緒に美術館を楽しむための鑑賞方法を、専門家のファシリテートのもと進めていきます。子どもたちそれぞれの意見を等しく扱い、子どもたちの自己肯定感を育みます。そして他者の意見を受け入れる協調性、発見したことを人に伝える論理思考力などの効果が得られます。また、近隣の福祉施設による「シブヤフォント」の商品販売も行います。
(4)対 象:5~8歳(保護者の方同伴)
(5)参加費:無料(以下の開業記念プレゼント付)
       ①ご自宅で使用できるミニ額装アート
       ②アート鑑賞ハンドブック
(6)運 営:株式会社フクフクプラス
(7)後 援:渋谷区
(8)予約方法:WEB事前予約制 ※フクフクプラスサイトでの事前登録が必要です
        【URL】https://fukufuku-event-0413.peatix.com
        ※空席があれば当日申し込みも可能です。
        ※各回先着5組の方が参加できます。
(9)お客様のお問い合わせ先
    京王不動産株式会社 営業企画部 企画担当 
    TEL.03-3299-3127 (平日10:00~17:00)

≪対話型アート鑑賞の様子(イメージ)≫≪対話型アート鑑賞の様子(イメージ)≫


5.地域連携イベントについて
笹塚ヒロバに丸をたくさん描くワークショップ
(1)日 時:3月30日(土)11:00~13:00
       ※雨天時は翌31日(日)に実施します。
(2)場 所:笹塚ヒロバ(笹塚テラス前すぐ)
(3)内 容:地域に在住する小学生と一緒に「笹塚ヒロバ」の床面にペイントでサインを描くワークショップを行います。このワークショップは2018年9月から10月にかけて実施したオリジナル木製ベンチ製作ワークショップに続くもので、ワークショップを通じて「笹塚ヒロバ」を地域の方々とともに作り上げていきます。
(4)対 象:小学生以上2人1組で作業をしていただきます
(5)参加費:無料
 (6) 定 員:9組18名
 (7)申込方法:WEB事前予約制
        https://req.qubo.jp/keio_ekichika/form/sasaduka0330
 (8) 協 力:VUILD株式会社
 (9)お客様の問い合わせ先:
   京王電鉄株式会社 SC営業部
    TEL.042-337-2498 (平日10:00~17:00)

≪イベントキービジュアル≫≪イベントキービジュアル≫


                                                以 上
【参 考】
1.笹塚テラス(2018年11月リニューアル)


.民泊マンション「KARIO KAMATA(カリオ カマタ)」(特区民泊)
 (1)場所:東京都大田区蒲田4丁目27-4(京急蒲田駅徒歩4分、JR蒲田駅徒歩7分)
 (2)敷地面積:148.69㎡(44.97坪)
 (3)延床面積:578.39㎡(174.96坪)
 (4)規模・構造:鉄筋コンクリート造地下1階地上6階
 (5)運営・管理:京王不動産株式会社
 (6)施設概要:全14室(3タイプ)

 (7)物件の特徴:羽田空港や品川駅へのアクセスが良く、国内外の広範な出張・観光需要が期待できる交通の利便性が高いエリアです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京王電鉄株式会社 >
  3. 京王沿線で初となるKARIOシリーズ「KARIO(カリオ) SASAZUKA(ササヅカ) TERRACE(テラス)」が3月25日(月)にオープンします!