脆弱性管理クラウド「yamory」、MCSSP事業を展開するアイティーエムと協業

セキュリティ運用をアウトソースする企業にもサービスの提供範囲を拡大

Visionalグループのビジョナル・インキュベーション株式会社(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:村田 聡)が運営する脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」(https://yamory.io/)は、2022年1月18日より、MCSSP(Managed Cloud & Security Service Provider)事業を展開するアイティーエム株式会社と協業を開始します。これによりアイティーエムは、オープンソースや内部ホストの脆弱性管理サービスの提供範囲を拡大し、セキュリティ運用をアウトソースする企業もyamoryを利用可能になります。
  • Log4jなどの深刻な脆弱性の問題を解決するため、協業によりサービス提供範囲を拡大
ITシステムを構成するホストOS、ミドルウェア、Webアプリケーション等には多くの脆弱性が潜在しており、それらを悪用した脅威も日々増加しています。直近の代表的な事例では、「Apache Log4j」に深刻な脆弱性が発見され、世界的な危害を及ぼしています。
これまでyamoryは、脆弱性管理・対策を含めたセキュリティ運用を自社で行う企業を対象にサービス提供をしてきました。しかし、脆弱性の問題は自社でセキュリティ運用機能を持たない企業にも危害を及ぼしていることから、この度アイティーエムと協業することで、セキュリティ運用をアウトソースする企業にもサービスの提供範囲を拡大いたします。
 
  • 脆弱性管理クラウド「yamory」を用いたセキュリティ運用サービスの提供を開始
アイティーエムでは、これまで外部スキャン等による各種診断・運用サービスを提供してきましたが、さらなる安心・安全なシステム運用の提供を目的に、内部スキャンによる脆弱性管理サービスとしてyamoryを用いたサービスの提供を開始します。
本サービスでは、昨今のITシステム/Webアプリケーションの構築には欠かせないOSS(オープンソースソフトウェア)の脆弱性の可視化やライセンス管理、SSH接続による内部ホストのスキャンに対応しており、利用企業側で新たな機器の調達や設備投資をすることなく、ITシステムプラットフォームの状況を総合的に確認することが可能です。
これまでアイティーエムで提供してきた「Webサーバの監視・障害対応」や「Webアプリケーション層脆弱性管理サービス」とyamoryの併用により、よりセキュアで安定したWebサーバ運用のサポートが可能となります。

yamoryは、今後もアイティーエムが提供する「MCSSP」のサービスとの協業拡大を通じて、より多くの企業がyamoryを活用した脆弱性管理・対策が出来るよう提供範囲の拡大を目指して参ります。
 

アイティーエムのセキュリティ運用サービスアイティーエムのセキュリティ運用サービス


【アイティーエムが提供するサービス】
・セキュリティ運用サービス:https://www.itmanage.co.jp/msl/sec-ops/
・OSS/内部ホスト脆弱性管理サービス:https://www.itmanage.co.jp/msl/sec-ops/oss/
 − 脆弱性管理システムの提供
 − 設定変更等運用代行/対策支援/改善提案
 − サービスデスク対応(システム構成管理、問題管理、インシデント管理等)

【脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」について】
「yamory」は、ITシステムの脆弱性を自動で検知し、管理・対策ができるクラウドサービスです。独自で構築した脆弱性のデータベースを使い、危険度のレベルを算出し、対応の優先度を自動で判断するオートトリアージ機能(特許取得済み)を搭載しています。ITシステムのライブラリ・フレームワーク、ミドルウェア・開発言語、OSの脆弱性、および、オープンソースのライセンス違反を一元管理できる国内初のサービスです。脆弱性を管理・対策することでサイバー攻撃から身を守り、ITシステムからの情報漏洩と、ライセンス違反による法的リスクの軽減を実現します。
URL:https://yamory.io/

【アイティーエム株式会社 会社概要】
商号         : アイティーエム株式会社
設立         : 2017年1月4日
代 表 者    : 代表取締役社長 河本 剛志
所 在 地    : 東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル32F
Webサイト : https://www.itmanage.co.jp/
事業内容 :
Managed Service Provider(MSP)事業の草分け的存在としてシステム運用監視サービスの提供を通じて、さまざまな業種、業態のお客様から高評価をいただいております。また、クラウド、データセンター、セキュリティサービスなど、エンタープライズのお客様を中心に各種サービスをご提供させていただいているサービス事業者です。

【ビジョナル・インキュベーション株式会社(Visionalグループ) 会社概要】
商号         :ビジョナル・インキュベーション株式会社
設立         : 2020年2月3日
代 表 者    : 代表取締役社長 村田 聡
所 在 地    : 東京都渋谷区渋谷2-15-1
Webサイト : https://visional.inc/visional-incubation/
事業内容 :
「新しい可能性を、次々と。」をミッションとするVisionalグループの新規事業開発を担う。脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint(ビズヒント)」を運営。2020年2月、グループ経営体制への移行にともない、株式会社ビズリーチの新規事業開発組織を分社化し新設。

【Visionalについて】
「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションとし、HR Tech領域を中心に、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、企業の人材活用・人材戦略(HCM)エコシステムの構築を目指す。また、事業承継M&A、物流DX、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。
URL:https://www.visional.inc/ja/index.html


※本リリースに記載されたすべてのブランドや製品は各社の商標または登録商標です。記載の商品名、価格、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。


■本件に関するパートナー様からのお問い合わせ先
yamoryパートナー担当 partner@yamory.io
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Visional >
  3. 脆弱性管理クラウド「yamory」、MCSSP事業を展開するアイティーエムと協業