狂言師・野村万蔵×SAMURIZE from EXILE TRIBE×村松亮太郎 伝統の狂言の舞と現代のダンスが融合した新しいパフォーミングアート

アート展『TOKYO ART CITY by NAKED』スペシャルイベントとして2日間限定開催

株式会社ネイキッド(所在地:東京都渋谷区 代表:村松亮太郎)は、8月15日(火)、16日(水)の2日間限定で、東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリーアーモ)で開催中の「TOKYO ART CITY by NAKED」にて、300年続く狂言和泉流野村万蔵家九代目当主 野村万蔵と、EXILEのリーダーHIROがプロデュースするLEDダンスパフォーマーSAMURIZE from EXILE TRIBE(以下SAMURIZE)の初のコラボパフォーマンス「和泉流狂言師 野村万蔵×SAMURIZE from EXILE TRIBEコラボステージ in TOKYO ART CITY by NAKED」を、村松亮太郎の演出にて開催いたします。

  • TOKYO ART CITY by NAKED の360°ステージで、狂言の「三番叟」の舞と、SAMURIZEのLEDパフォーマンスがコラボレーションする伝統と先進が融合したステージ

開催中の「TOKYO ART CITY by NAKED」は、土着性がなく、様々な文化を受け入れ、カオスな状態で変化し続けている、カオティックな東京の、この街の“らしさ”を可視化したアート展です。今回実現する、野村万蔵による伝統の舞と、SAMURIZEによるLEDパフォーマンスという、異色のものが混ざり合うコラボレーションステージもまた、そんなカオティックな東京のひとつのシーンとして表現されます。

内容は、狂言の「三番叟」を元にたパフォーマンスで、中世の東京から現代の東京へ野村万蔵がタイムスリップする空間演出や、SAMURIZEから狂言の舞へ、野村万蔵から現在のLEDパフォーマンスへのアプローチが演出に取り入れられ、やがて互いに交わっていく伝統と先進が融合したステージです。


















※野村万蔵



今回特別に制作された野村万蔵の衣装は、株式会社LDH JAPANとの共同制作で、舞に合わせてLEDが光る衣装。昔のポピュラリティそのものだった狂言の舞と、その現代版ともいえるSAMURIZE のダンスが、時代を超えて出会い、融合します。

お子様からご年輩まで、ご家族・お友達揃って、お楽しみいただける内容となっています。

 

【概要】

公演名:和泉流狂言師 野村万蔵×SAMURIZE from EXILE TRIBEコラボステージ in TOKYO ART CITY by NAKED

日程:2017年8月15日(火)、8月16日(水)

時間:20:30~22:00※受付開始は20:20〜※入場受付は21:00まで

※1回目20:45、2回目21:30 合計2回/日※どちらの回も同じパフォーマンスを上演いたします。

場所:東京ドームシティ「ギャラリーアーモ」

住所:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い

出演:野村万蔵、SAMURIZE from EXILE TRIBE

入場料:3,500円※税込価格、 未就学児無料 (単独入場不可)、小人設定なし、前売発売のみ、当日券の販売はなし。

チケット:チケットぴあにて発売(URL)http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1737767

公演内容:

狂言の舞「三番叟」を元にした今回限りのパフォーマンスです。

TOKYO ART CITY by NAKED会場中心の「渋谷エリア」の360°ステージでの特別演出となります。

注意事項:

会場内に椅子のご用意はございません。上演中はスタッフの誘導に従いご観覧ください。

演出上、照明の明滅がございます。

上演以外の時間は、TOKYO ART CITY by NAKED内を自由観覧でお楽しみください。

 

 

 
<野村万蔵(のむらまんぞう)について>


300年続く狂言和泉流野村万蔵家九代目当主。 一門の組織「萬( よろず ) 狂言」を率い国内外で、 公演を行う。伝統を正しく継承する一方、狂言の流儀の垣根を越える公演を立ち上げ、また、南原清隆や歴史学者の磯田道史と共に新作狂言を発表するなど他ジャンルとのコラボレーション にも数多く参加している。重要無形文化財総合指定保持者。父は人間国宝の野村萬。

HP: http://yorozukyogen.jp/

 

 

 





<SAMURIZE from EXILE TRIBE(サムライズ フロム エグザイル トライブ)について>

 



EXILE HIROがプロデュースする実力派ダンサーによるLEDの光の演出とダンスに特化されたパフォーマンスチーム。LDH所属アーティストのイベント、コンサート、プロモーションビデオ、テレビ番組にバックダンサーとして多数出演。

 

 

<村松亮太郎(NAKED Inc.)について> 公式Facebook:https://www.facebook.com/MuramatsuRyotaro


アーティスト。クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。大阪芸術大学客員教授。環境省が認定した日本一の星空の村「阿智村(あちむら)」阿智★昼神観光局のブランディングディレクター。TV/広告/MV/空間演出などジャンルを問わず活動。 長編/短編作品と合わせて国際映画祭で48ノミネート&受賞している。代表作として、東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、「東京国立博物館特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」『KARAKURI』」の演出、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』タイトルバック、『新江ノ島水族館ナイトアクアリウム』企画・演出など。2016年5月には、市川染五郎主演の歌舞伎ラスベガス公演”Panasonic presents Wonder KABUKI Spectacle'KABUKI LION’ ”の空間創造を手掛ける。近年では、東京タワーほか全国主要タワーにて夜景×マッピング『CITY LIGHT FANTASIA by NAKED』シリーズや、花の体感型イベント『FLOWERS BY NAKED』、『SWEETS by NAKED』(表参道ヒルズ)、『二条城 桜まつりーDirected by NAKED』などを手掛けており、これまでのイベント通算動員数は150万人を超える。2017年6月より”東京”を体感するアート展『TOKYO ART CITY by NAKED』開催。アーティスト本&作品集「村松亮太郎のプロジェクションマッピング SCENES by NAKED」がKADOKAWAより発売。

<『TOKYO ART CITY by NAKED』 とは>

新宿の高層ビル群や渋谷のスクランブル交差点、秋葉原の雑踏やお台場のレインボーブリッジ、それらの街を駆け巡る首都高に、幾重にも重なり合う地下鉄など、“TOKYO”をテーマに、東京を象徴する8スポットを、巨大模型をはじめとする約250もの模型でコラージュし、約100台のプロジェクターを駆使したプロジェクションマッピングなど、最新テクノロジーによる光と映像の演出で多彩に表現。730m2の広さを誇る会場全体が、光に散りばめられたひとつのアート空間として、360°ダイナミックに迫ります。

 

動画リンク:

 



【概要】
TOKYO ART CITY by NAKED
日程:2017年6月16日(金)〜9月3日(日) ※会期中無休
時間:10:00~20:00※最終入場は閉館30分前
場所:東京ドームシティ「ギャラリー アーモ」
住所:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い
入場料:<当日券>大人1,600円、中人(中高大学生) 1,400円、小人(小学生) 900円
※税込価格、 未就学児無料 (単独入場不可)
チケット: ペアチケット、 ファミリーチケットなど各種前売券は各プレイガイド(チケットぴあ、 ローソンチケット、 セブンイレブン、 e-plus、 Pass Me!、Peatix、他)で発売中。
【問い合わせ先】東京ドームシティわくわくダイヤル TEL:03-5800-9999

<株式会社ネイキッド(NAKED Inc.)について> 公式サイト:http://naked-inc.com
 


1997年、村松亮太郎を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。メディアやジャンルを問わず、映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。近年はプロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算150万人以上を動員している。

 

 

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネイキッド >
  3. 狂言師・野村万蔵×SAMURIZE from EXILE TRIBE×村松亮太郎 伝統の狂言の舞と現代のダンスが融合した新しいパフォーミングアート