100年を超え受け継がれる生ビールブランド『アサヒ生ビール』発売!

樽生ビールの全国展開開始及び、缶を期間限定発売

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ビールの新たな需要の創出を目指し、これまで一部地域限定で発売してきた『アサヒ生ビール』の樽生を、2018年3月20日(火)から全国に拡大するとともに、新たに5L入りの樽生商品を5月2日(水)から発売します。また、『アサヒ生ビール』の缶350ml・500mlを2018年5月15日(火)に期間限定で発売します。

ラベルロゴラベルロゴ



『アサヒ生ビール』は、当社の前身となる大阪麦酒社が1900年に発売した商品をルーツとする  ピルスナータイプの生ビールです。当時では珍しい熱処理を施さない製法は、高い技術力を示すもので、その味わいは高い評価を頂きました。その後、醸造技術や微生物管理技術の発展と共に改良を重ね、深みのあるコクと爽やかなキレをお楽しみいただける「アサヒ樽詰生ビール」として一部地域限定で発売されてきました。当社は2018年を「ビール改革元年」と位置付け、2026年のビール類の税率一本化を見据えた市場の活性化に取り組んでいます。飲食店様を中心に、長年その味わいに対して高い評価を頂いてきた 『アサヒ生ビール』の展開エリアを拡大するとともに缶商品を期間限定発売することで、認知拡大と多様なビール文化の醸成を図ります。

缶350ml缶350ml

缶500ml缶500ml

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アサヒビール株式会社 >
  3. 100年を超え受け継がれる生ビールブランド『アサヒ生ビール』発売!