「シティリビングの研修」が7月にプログラム体験会を開催 2019年も注目の人事課題へのソリューション

①「アンコンシャス・バイアス」マネジメント ②「産休・育休」従業員マネジメント

 サンケイリビング新聞社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中則昭)では、オフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」の企業研修事業にて、新たな研修プログラム「アンコンシャス・バイアス」マネジメントセミナー、「産休・育休」従業員マネジメントセミナー(仮称)の2つをリリースいたしました。
 リリースに際し、両プログラムのプログラム体験会(企業の人事・研修担当者向け)を7月に開催いたします。
<プログラム体験会 開催概要>
■参加費  : 無料(1社2名様まで)
■定 員  : 各回30名
■会 場  : サンケイリビング新聞社 本社会議室 (千代田区紀尾井町3-23)

 

管理職向け
  「アンコンシャス・バイアス」マネジメントセミナー
無意識の偏見、自分自身が気付いていない「ものの見方」の偏りである「アンコンシャス・バイアス」。その適切なマネジメントを通して、「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」「組織力の向上」を目指します。
「知る」「体感する」「職場で活用する(マネジメント)」の3段階をワークで実践、翌日から運用できる考え方を習得します。

■日時  7月9日(火)15時~17時

■講師  中田明子

タイムリッチコーチング代表。GCS認定プロフェッショナルコーチ。筑波大学卒業後、大手企業での女性総合職パイオニア、ITベンチャー企業勤務を経て独立。自身の経験から社会や職場における「アンコンシャス ・バイアス(無意識の偏見)」への課題感を持ち、2016年タイムリッチコーチングを設立。行動心理学、認知心理学等をベースにコーチングメソッドを取り入れて設計された「気づき」と「行動」を促すワークショップには定評があり、自治体や企業の管理職・女性管理職候補向け研修等で採用されている。企業研修の他 、ビジネスパーソンのメンタリングや目標達成支援に携わる。
 

管理職・リーダー向け
 「産休・育休」従業員マネジメントセミナー(仮)
産休・育休中の従業員の復帰支援、復帰後の定着と活躍、環境作りをテーマに、当事者と彼女たちをマネジメントするリーダー(上司)達のそれぞれの意識変革を促す内容です。

■日時  7月18日(木)10時~12時

■講師  小田木朝子

一般社団法人育勉普及協会代表理事。株式会社NOKIOO取締役。中小企業診断士。2社の転職、結婚、出産を経てNOKIOO創業メンバーとして参画。自身の経験を活かし女性の社会参画支援事業を立ち上げる。2013年より始めた「育勉セミナー」は過去1,000人以上が受講、この実績をもとに2016年12月「一般社団法人 育勉普及協会」を設立。2017年静岡新聞夕刊に女性活躍に関するコラムを執筆。現在は自治体、大学、メディア、メーカー、金融機関等で両立支援や女性活躍指針に関するセミナーを中心に活動
 

■詳細・申込み 「シティリビングの研修」HP ▷▷▷ https://seminar.cityliving.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サンケイリビング新聞社 >
  3. 「シティリビングの研修」が7月にプログラム体験会を開催 2019年も注目の人事課題へのソリューション