JCB、保険代理店事業にクラウドAIサービスを導入

~お客様のライフイベントの変化を捉えた保険商品の提案に活用~

JCB
株式会社ジェーシービー (本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:最首 英裕、以下:グルーヴノーツ)が開発・提供するクラウドAIサービス「MAGELLAN BLOCKS」(マゼランブロックス)を導入し、保険商品の販売手法を改善いたしました。
■「MAGELLAN BLOCKS」とは

「MAGELLAN BLOCKS」は、グルーヴノーツが開発する独自の機械学習・深層学習と量子コンピュータ技術を活用して、高精度な未来予測から組合せ最適化までを実現するクラウドサービスです。

 

■「MAGELLAN BLOCKS」の導入について

JCBは、お客様のライフイベントの変化を捉えた保険商品提案の実現に向け、インシュアテック(保険版フィンテック)における様々なソリューションを検証した結果、グルーヴノーツの「MAGELLAN BLOCKS」を高く評価し、導入いたしました。

本サービスの導入で、AI(機械学習・深層学習)による保険契約者の保険ニーズ分析が可能となります。それにより、保険への加入を勧めるアウトバウンドコールにおいて、成約に至る可能性の高いお客様をAIで予測することで、保険加入を希望されるお客様に最適なタイミングでアプローチをかけることが可能になります。

 

■JCBの保険代理店事業について

JCBは保険代理店事業において、JCBカード会員の皆様へ保険商品のご提案を行っており、2019年7月現在、お客様に約60万件のご契約をいただいております。

 

JCBではお客様ひとりひとりのライフサイクルに寄り添い、お客様が必要とされる保険商品のご提案を通じて、お客様の生活に「安心」をご提供できるよう、引き続き保険マーケティングの高度化を進めてまいります。

リリースはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20190902-5350.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JCB >
  3. JCB、保険代理店事業にクラウドAIサービスを導入