東京ガスの再エネ電源開発、リニューアブル・ジャパンと非FIT太陽光発電所の開発に係る契約締結について

 株式会社エコスタイル(代表取締役 社長執行役員:木下公貴、本社:大阪市中央区、以下「エコスタイル」)は、リニューアブル・ジャパン株式会社(代表取締役社長:眞邉勝仁、以下「リニューアブル・ジャパン」)と、再生可能エネルギー固定価格買取制度(以下「FIT」)(※1)に依存しない再生可能エネルギー電源の普及・拡大に向け、非FIT太陽光発電所の開発に係る契約を締結しました。
 本契約における非FIT太陽光発電所の開発は、リニューアブル・ジャパンと東京ガス株式会社(代表取締役社長:内田高史、以下「東京ガス」)が締結した「非FIT太陽光発電所の電力購入契約」に基づきます。東京ガスは、リニューアブル・ジャパンがエコスタイルから取得する小規模太陽光発電所の電気・環境価値を20年間にわたり固定価格で購入し、RE100(※2)に加入するなど環境志向の高い電力需要家にお届けします。

 本取組みにおいてエコスタイルは、これまで培ってきた低圧太陽光発電所開発に関するノウハウを活かして、設置用地の収集、発電所のEPC(設計・調達・建設)およびO&M(保守・管理)をワンストップで担うことにより、発電所の長期安定稼働をサポートしてまいります。

(※1)再エネ電源で発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。
電力会社が買い取る費用の一部は、電気の使用者から広く集める再エネ賦課金によってまかない、
再エネ電源の導入を支えています。

(※2)イギリスのNGO 団体であるThe Climate Group が、投資家向けに企業の環境情報の提供を行うことを目的としたNGO団体であるCDPと連携して運営する国際イニシアチブです。加盟した企業は、2050 年までに事業運営に必要な電力量を100%再エネ電源から調達する目標を宣言し、公表しています。


【非FIT太陽光発電所開発の概要】

【リニューアブル・ジャパンの概要】
会社名:リニューアブル・ジャパン株式会社
代表者:代表取締役社長 眞邉 勝仁
設立:2012年1月25日
資本金:42億1905万円(資本準備金を含む)
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目2番8号
事業内容:太陽光発電事業、風力発電事業、水力発電事業、バイオマス発電事業、金融商品取引業、特定建設業


【東京ガスの概要】
会社名:東京ガス株式会社
代表者:代表取締役社長 内田 高史
設立:1885年10月1日
資本金:1,418億円
所在地:東京都港区海岸1丁目5番20号
事業内容:ガス事業、電力事業、海外事業、エネルギー関連事業、不動産事業 等


【SDGs  × エコスタイル】
 当社では事業活動を通じてSDGsの達成に貢献することを目指しております。永続的に利用できる再生可能エネルギーを普及・促進させることで、次世代のために環境を守る義務と責任を遂行します。

▼ 『SDGs × エコスタイル』
https://www.eco-st.co.jp/csr/ecostyles_sdgs/



【会社概要】
■株式会社エコスタイル  

所在地 大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル3階
東京本部:東京都中央区八丁堀3丁目14番2号 東八重洲シティビル2階
設立 2004 年10 月5 日
資本金 605百万円
代表者 代表取締役 社長執行役員 木下 公貴
事業内容 FIT電源開発事業、オンサイト電源開発事業、オフサイト電源開発事業、
PPS電源開発事業、電力小売事業、太陽光発電事業
実績 12,720件・628.6MW(2021年1月末日時点、太陽光発電開発施工実績)
URL https://www.eco-st.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エコスタイル >
  3. 東京ガスの再エネ電源開発、リニューアブル・ジャパンと非FIT太陽光発電所の開発に係る契約締結について