ルーブル美術館の名作42点を高精細画像で堪能しながら、ルーブルのコレクションの歴史をたどる美術書『NHK 8K ルーブル美術館 美の殿堂の500年』、発売

~現地で見るより、よくわかる! 8Kで体感する美のディテール~

 ルーブルは、新石器時代から19世紀半ばまでの人類の遺産を収蔵する世界最大級の美術館。総所蔵点数は68万点といわれます。8000年に及ぶ人類の歩みをたどることができるこの美の殿堂は、いかにして形作られてきたのでしょうか。『NHK 8K ルーブル美術館 美の殿堂の500年』(NHK出版、2021年4月26日発売)は、〈モナ・リザ〉〈グランド・オダリスク〉〈ミロのヴィーナス〉〈レースを編む女〉などルーブルを代表する名作42点を高精細画像で鑑賞しながら、16世紀から20世紀に至るまでの500年の蒐集史をたどります。

 

※本書は、NHKの8K番組「ルーブル美術館 美の殿堂の500年」(全4集)をもとにしたものです。

 本書の章立ては、ルーブル美術館の作品の蒐集を軸に、美術館の発展の歴史をたどる全4章です。
「第1章 すべてはレオナルド・ダ・ヴィンチから始まった」「第2章 太陽王が夢見た芸術の国」「第3章 革命とナポレオンのルーブル」「第4章 永遠の美を求めて」。各章・各時代の主人公は、フランソワ1世(第1章)、ルイ14世(第2章)、ナポレオン(第3章)、多様な市民たち(第4章)。そしてそれぞれの章の「作品解説」は、2人の編著者が8K番組を視聴しながら語り合った“対談”で展開します。
〈モナ・リザ〉をめぐる対談の冒頭部分をご紹介しましょう。

  三浦 やっぱり特別な絵ですね。
  小池 8Kは臨場感がある。
  三浦 奥行き感、空気感と言ったらいいでしょうか。
  小池 ぐーっと近づいていけるところがいいですよね。
  三浦 今は現地に行ってもこんなに近い距離では見られないから、ありがたい。
  小池 8Kで見直すことができました。
  三浦 見直すと、見応えがさらに増してきます。
  小池 実はヴェールをかぶっているんですよね。
  三浦 眉毛がほとんどないこともはっきりわかる。
  小池 当時は眉毛を剃る習慣がありましたので、それで描かれていないのではないかと考えられています。
  三浦 改めてこの絵を見ると、怖いなぁと思います。
  小池 西洋絵画で一番怖い絵かもしれません。

 同世代の2人の美術史家が、縦横無尽に語り合い、美の潮流を掴み、蒐集家の情熱を探り、作家の魂を見つめ、作品のいのちに迫ります。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響によりルーブル美術館は休館が続いています。今、ルーブルの名作を味わうのなら、ぜひ本書で。そして本書なら、実は現地で見るよりも、よくわかります。

 


【編著者プロフィール】
小池寿子(こいけ・ひさこ)
1956年、群馬県生まれ。お茶の水女子大学文教学部哲学科美学美術史専攻卒業。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科比較芸術学博士課程満期退学。現在、國學院大學文学部哲学科教授。専門は西洋中世美術、死の図像学。著書に『死者たちの回廊―よみがえる死の舞踏』(福武書店、1990年/平凡社ライブラリー、1994年)、『屍体狩り』(白水社、1993年/白水Uブックス、2000年)、『死を見つめる美術史』(ポーラ文化研究所、1999年、芸術選奨文部大臣新人賞/ちくま学芸文庫、2006年)、『一日で鑑賞するルーヴル美術館』(共編著、とんぼの本、2006年)など。

三浦篤(みうら・あつし)
1957年、島根県生まれ。東京大学教養学部卒業。東京大学人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。パリ第4大学美術考古学研究所で博士号取得。フランス共和国芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は西洋近代美術史。特に19世紀フランス絵画史と日仏美術交流史。著書に『近代芸術家の表象』(東京大学出版会、2006年、サントリー学芸賞)、『名画に隠された「二重の謎」』(小学館、2012年)、『エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命』(角川選書、2018年)、『移り棲む美術』(名古屋大学出版会、2021年)など。


■『NHK 8K ルーブル美術館 美の殿堂の500年』構成

はじめに――さあ扉を開けて魅惑の旅へ 小池寿子
第1章 すべてはレオナルド・ダ・ヴィンチから始まった
 フランソワ1世はなぜレオナルドを呼び寄せたか 小池寿子
 もう一つの視点から――〈モナ・リザ〉のゆくえ 三浦篤
 作品解説――小池寿子+三浦篤
第2章 太陽王が夢見た芸術の国
 “フランスらしさ”が生んだ色彩の極致 小池寿子
 もう一つの視点から――王立絵画彫刻アカデミー 三浦篤
 作品解説――小池寿子+三浦篤
第3章 革命とナポレオンのルーブル
 ナポレオンが夢見た美術館 三浦篤
 もう一つの視点から――死後の礼節 小池寿子
 作品解説――小池寿子+三浦篤
第4章 永遠の美を求めて
 芸術の再発見とコレクションの変貌 三浦篤
 もう一つの視点から――擬人像の系譜 小池寿子
 作品解説――小池寿子+三浦篤
おわりに――ルーブルの再発見 三浦篤
番組制作班からのメッセージ――8Kでルーブル美術館を撮る 倉森京子
年表
索引


■商品情報

『NHK 8K ルーブル美術館 美の殿堂の500年』
出版社:NHK出版
発売日:2021年4月26日
定価:4,070円(本体3,700円)
判型:B5判
ページ数:256ページ
ISBN:978-4-14-081847-3
URL:https://honto.jp/netstore/pd-book_30643108.html
https://www.amazon.co.jp/dp/4140818476
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NHK出版 >
  3. ルーブル美術館の名作42点を高精細画像で堪能しながら、ルーブルのコレクションの歴史をたどる美術書『NHK 8K ルーブル美術館 美の殿堂の500年』、発売