中部国際空港 2020年度ならび2021年3月の運用実績(速報値)を発表

中部国際空港株式会社(所在地:愛知県常滑市、代表取締役社長:犬塚力)は、中部国際空港セントレア(以下、「セントレア」)の、2021年3月度ならびに2020年度の空港運用実績(速報値)を発表しました。

運用実績を発表した中部国際空港運用実績を発表した中部国際空港

  • 航空旅客数

20年度の航空旅客数は、前年比16%の2,015,735人と、11年度を下回り過去最低の数字となりました。20年度では、国際線が4月1日から全便運休し、6月半ばに運航再開したものの、大幅な便数回復がなかったことから、国際線旅客数は、前年比0.3%の19,261人に留まり、過去最低の値となりました。

昨年4月に国際線が全便運休となった中部国際空港昨年4月に国際線が全便運休となった中部国際空港


国内線の20年度実績では、前年比31%の1,996,475人と11年度を下回り過去最低の数字となりました。
20年5月に開港以来過去最低の1日あたり21便となりましたが、7月に始まったGo Toトラベルを機に少しずつ回復傾向を見せました。21年1月に再度発出された緊急事態宣言を受け、2月は減少傾向だったものの、3月の旅客数は前月比227%の226,770人となりました。
 
  • 構内営業売上高

20年度の構内営業売上高は、前年比8%となる2,958百万円となり、09年度を下回る過去最低の数字となりました。特に、全体の売上高の半分以上を占めていた免税店売上高が、国際線旅客数とともに減少し、前年比0.2%となる43百万円となりました。また、一般物販店や飲食店もコロナ禍で休業店舗が相次いだことから、20年度の売上高は前年比19%となる1,085百万円となりました。

<中部国際空港株式会社HP:20年度実績>
https://www.centrair.jp/assets/doc/corporate/media-center/result/2020results_JP.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中部国際空港株式会社 >
  3. 中部国際空港 2020年度ならび2021年3月の運用実績(速報値)を発表