レバレジーズメディカルケア映画、『ケアニン〜こころに咲く花〜』に特別協賛


■特別協賛の背景
レバレジーズメディカルケア株式会社では、医療・介護分野において深刻化している人材不足を緩和するため、人材の供給をはじめとした、医療・介護に関わる人たちが働きやすい環境作りに取り組んでいます。
 

映画「ケアニン〜こころに咲く花〜」では、介護という高齢化社会の大きな課題への取り組みを通して、働くことの意味や、人との繋がりの尊さを描いている作品であり、当社としても医療・介護をより多くの人に知ってもらいたいという想いから特別協賛に至りました。

レバレジーズメディカルケア株式会社では、介護や在宅医療という社会的な課題への取り組みや、介護・医療の現場で尽力している方をサポートするための活動を今後も続けてまいります。

 
■映画『ケアニン〜こころに咲く花〜』について

今回の舞台は特別養護老人ホーム、主演の戸塚純貴演じる大森圭は慣れないルールの中、認知症の老婦人・美重子(島かおり)とその夫・達郎(綿引勝彦)の50年間の夫婦の深い愛情の中で、本当の介護の在り方に苦悩する。

出演者には前作からの大森圭の先輩役である松本若菜や、二人が働いていた小規模介護施設の社長役の小市慢太郎、さらにケアニンのスピンオフ作品『ピア~まちをつなぐもの~』(’19)の主演である細田善彦も友情出演で登場するなど、シリーズ作品としても楽しめる内容となっている。

出演:戸塚純貴 島かおり 綿引勝彦 ほか
監督:鈴木浩介
企画・原作・プロデュース:山国秀幸
脚本:藤村磨実也・山国秀幸
主題歌:香川裕光「Wedding Day」
製作:「ケアニン2」製作委員会
公式サイト:http://www.care-movie.com/2/


■レバレジーズメディカルケアについて(https://leverages-medicalcare.jp/
レバレジーズメディカルケアは、医療・介護業界に特化した人材コンサルティングサービスを提供しています。「高齢社会」を迎え医療サービスの需要がますます高まるなか、医療・介護を支える人たちが抱える課題解決をサポートすることで、誰もが安心して医療・介護を受けられる社会の実現に貢献しています。

▽『きらケア』介護職に特化した人材支援サービス https://job.kiracare.jp/
▽『看護のお仕事』看護業界に特化した人材支援サービス  https://kango-oshigoto.jp/


 ■Leverages Group(https://leverages.jp/
社会の課題を解決し関係者全員の幸福を追求し続けることをミッションに、インターネットメディア・人材・システムエンジニアリング・M&A・不動産の領域で国や業界をまたいだ問題解決を行なっています。2005年に創業以来、黒字経営を継続し14年期目の2018年度は年商342億を突破しました。各分野のスペシャリストが集うオールインハウスの組織構成と、業界を絞らないポートフォリオ経営で、時代を代表するグローバル企業を目指します。(http://leverages.jp

本社所在地:  〒150-6190 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア24/25階
代表取締役: 岩槻知秀
資本金  : 5,000万円
設立   : 2005年4月
事業内容 : 自社メディア事業、人材関連事業、システムエンジニアリング事業、M&Aコンサルティング事業、ASP/SaaS/クラウド関連事業

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レバレジーズ株式会社 >
  3. レバレジーズメディカルケア映画、『ケアニン〜こころに咲く花〜』に特別協賛