国連グローバル・コンパクトに署名 

持続可能な社会の実現に向けた取組みの実践

グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚 以下「グンゼ」)は、2020年2月24日、国際連合が提唱する「国連グローバル・コンパクト」(以下「UNGC」)に署名し、参加企業として登録されました。また、日本におけるローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に3月から加入いたしました。    
「UNGC」は、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員と  して行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。「人間尊重と優良品の提供を基礎として、会社をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる」という当社の創業の精神は、経営理念の中で120年もの長い間受け継がれて参りました。今後、大きく変化する時代からの要請や期待に応えていくために、世界的な取り組みである「UNGC」に署名いたしました。
グンゼは、「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野からなる「国連グローバル・コンパクト10原則」を支持し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。


国連グローバル・コンパクト10原則
人権
原則 1: 人権擁護の支持と尊重
原則 2: 人権侵害への非加担
労働
原則 3: 結社の自由と団体交渉権の承認
原則 4: 強制労働の排除
原則 5: 児童労働の実効的な廃止
原則 6: 雇用と職業の差別撤廃
環境
原則 7: 環境問題の予防的アプローチ
原則 8: 環境に対する責任のイニシアティブ
原則 9: 環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止
原則10: 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

 



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グンゼ株式会社 >
  3. 国連グローバル・コンパクトに署名