クラウドファンディングで新しいお金の流れを創出し地域活性の可能性を紐解くオンラインイベント、ゲストにREADYFORが登場!

~2021年9月24日(金)20:00-21:00、宮崎県新富町の地域商社こゆ財団が企画運営〜

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、企業×地域で新規事業創出をはかるオンラインプロジェクト「こゆチャレンジ大学2021」を2021年4月よりスタートしました。第6回となる今回は、日本初・実績NO.1のクラウドファンディング会社READYFOR株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:米良はるか)をゲストに迎え、トークセッションを行います。

日時:2021年9月24日(金)20:00~21:00
参加:無料(ライブ配信)
申込:https://koyuchal6.peatix.com/view
主題:「まちづくりにおけるクラウドファンディングの活用方法」
登壇:徳永健人氏(READYFOR株式会社)・高橋邦男(地域商社こゆ財団)
~常にチャレンジを続け地域活性の可能性を探求する地域商社と、クラウドファンディングのプロが考える新しいお金の流れ~
「世界一チャレンジしやすいまち」をビジョンに掲げ、企業連携や人財育成の企画・運営を通じて関係人口創出に取り組む、地域商社こゆ財団が仕掛けるオンラインイベントシリーズの第6弾。今回は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というビジョンを掲げ、クラウドファンディングという手法で想いの乗ったお金の流れを増やしているREADYFOR株式会社をゲストに迎えます。これまで従来通りの「地方創生」という枠組みの中では交わることのなかった2社が、「まちづくりにおけるクラウドファンディングの活用」をテーマに、最新のクラウドファンディング事例も参考にあげながら、地域活性の可能性について考えます。

~財政破綻した自治体をも救うガバメントクラウドファンディングー地域活性の糸口は「共感」~
すっかり市民権を得て身近な存在となったクラウドファンディングですが、その手法や応援の募り方は様々です。今回は特に寄付型、中でも地域活性の手段としての可能性に着目してトークセッションを実施します。購入者が返礼品で選ぶクラウドファンディング型のふるさと納税が急増する一方で、過度な返礼品競争が見られるようになったことから、総務省は「寄付額に対する返礼品の金額の割合を3割以下」、「地場産品以外の返礼品の禁止」といったことを求めるようになりました。そこで2019年頃から新たに増加しているのが、用途で選ぶガバメントクラウドファンディング。有名なところでは北海道夕張市のプロジェクトが2300万円の資金調達に成功しています。控除の割合が引き上げられたことで2020年から急増している企業版ふるさと納税など、新しいお金の流れが誕生する中、継続した地域活性を可能にする方法とは?単発で終わるのではなく、共感頂いた想いを繋いでいくため,
今回のオンラインイベント実施に至りました。

~ゲスト講師はREADYFOR現役キュレーター~
READYFOR株式会社キュレーター事業部Social部門リードキュレーター
徳永健人氏

1992年生まれ。鹿児島県出身。横浜国立大学 / 大学院修了。
大学在学中は、パラグアイ共和国に教育支援を行うNPOに所属。フェアトレード活動等を通じた資金調達のほか、現地でのフィールドワークを実施。その後、青年海外協力隊隊員としてザンビア共和国で活動。2015年、READYFORに入社し、社会貢献活動のプロジェクトを主に担当。翌年秋よりチーフを務める。
その後、2018年にソーシャルインパクト事業部の立ち上げ後、経営企画室事業開発部門を経て現部署。認定ファンドレイザー。日本ファンドレイジング協会の最年少認定講師も務める。
READYFOR株式会社HP https://corp.readyfor.jp/

~こゆチャレンジ大学とは~
「こゆチャレンジ大学2021(通称こゆチャレ)」は、宮崎県新富町の地域商社「こゆ財団」が企画運営する、スタートアップ×地域で新規事業創出をはかるオンラインプロジェクトです。各業界で注目のスタートアップをゲストに招聘し、地域との連携の可能性を探求・拡大していきます。

~人口17,000人の宮崎県児湯郡新富町~
宮崎空港から車で北へ約30分、人口1万7千人の小さな町、それが宮崎県新富町。施設園芸が盛んで、東京ドーム約460個分にも及ぶ広大な農地を有し、ピーマン・キュウリ・トマト・ズッキーニ・ライチ・キンカンなど、年間を通して多彩な農作物が収穫される地域です。
そんな新富町に、近年色々な業界の(言葉を選ばずに言うなら)ちょっとクレイジーな人たちが集まってきています。ここで言う「ちょっとクレイジーな人たち」は尊敬の表れで、現にそんなクレイジーさに惹かれて関係人口が増え続けています。

~役場が100%出資設立した一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(通称こゆ財団)~
2017年4月に、持続可能な地域の実現を目指して宮崎県新富町が設立した地域商社です。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、1粒1,000円のライチに代表される農産物のブランディングを通じて『特産品販売』を行い、得られた利益で『人財育成』に投資しています。ふるさと納税運営業務では、設立からの4年間で累計60億円以上の寄附を集めることに成功しました。

<注意事項>
・当日の様子を撮影し、Webサイト・広報物等で使用させていただく可能性がありますので、予めご了承ください。
・参加者にアンケート(googleフォーム入力)を実施しますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
<主催・問合せ>
社名 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(略称:こゆ財団)
所在 〒889-1412 宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1 チャレンジフィールド
電話 0983-32-1082(代表) 担当 有賀沙樹
設立 2017年4月(出資者:新富町役場)
従業員数 26名(パート・アルバイト含む)*2019年12月
業種 地域商社
事業内容 特産品販売・起業家育成・ふるさと納税の運営委託
プレスリリース PR TIMES一覧(外部リンクに飛びます)
こゆ財団HP https://Koyu.Miyazaki.jp
▶︎こゆ財団FB https://www.facebook.com/koyu.miyazaki/
▶︎新富町ふるさと納税ページふるさとチョイス(https://www.furusato-tax.jp/city/product/45402
▶︎新富町観光情報サイト https://koyu.media/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. こゆ財団 >
  3. クラウドファンディングで新しいお金の流れを創出し地域活性の可能性を紐解くオンラインイベント、ゲストにREADYFORが登場!