300万人が遊ぶソーシャルゲーム『しろつく』 連動カードゲームシリーズ『しろCA』第2弾を発売

main image
株式会社ケイブ(本社:東京都新宿区、JASDAQコード:3760)は、
GPS連動ケータイ育成ゲーム『しろつく』と連動したカードゲームシリーズ『しろCA』第2弾を、
2011年12月6日よりコンビニエンスストアのサークルKサンクス、スリーエフ、ドン・キホーテほか、
全国の大手量販店で販売開始いたします。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「しろつく」連動カードゲームシリーズ 『しろCA』第2弾 商品紹介

『しろCA』第2弾は、300万人が遊ぶケータイ位置登録ゲーム『しろつく』と連動したコレクションカードとなっており、
今年4月に一部店舗でトライアル販売した第0弾、8月に全国販売へ拡大した第1弾に続く、人気カードシリーズ待望の第2弾です。

裏面のシリアルコードを『しろつく』ゲーム内で入力すると、
カードのレアリティごとに『しろCA』オリジナルの限定風景や城外観、おなじみの便利な消耗品などゲームアイテムが入手できます。
さらに今回は、カード単体でも遊べるようになり、さらにパワーアップいたしました!

遊び方は、カード3枚から遊べる初心者向けの「クイックバトル」と、
カード30枚で対戦する上級者向けの「スタンダードルール」の2パターン。
12月にはカードバトルイベントの開催も予定されています。
イベントに関する詳細はグッズ情報クチコミサイト『しろCA』にて近日公開予定です。

【商品概要】
商品名 : 『しろつく』連動カードゲームシリーズ第2弾
入数 : 1パック2枚入り
価格 : 315円(税込)/パック
種類 : 全39種(SR 1種、R 5種、UC 15種、C 18種)
発売日 : 2011年12月6日(火)
販売店 : 全国各地のサークルKサンクス、スリーエフ、ドン・キホーテ、ダイエー など
 詳しい販売店舗情報はグッズ情報クチコミサイト『しろCA』(http://46ca.jp/)をご覧ください。


■『しろつく』とは
『しろつく』は、戦国時代の城主となって、自分だけの城下町を育成するソーシャルゲームです。
最大の特徴は携帯電話のGPS機能で位置情報を送信することでゲームが進行し、利用者が実際に移動している点となります。
「おでかけが楽しくなる」をコンセプトに、位置情報を活用した地域連動型のイベントを実施しており、
利用者は2011年5月時点で300万人を突破しております。
公式サイト(PC・モバイル共通):http://4629.jp


■グッズ情報クチコミサイト『しろCA』とは
『しろCA』は、300万人が遊んでいる城下町育成ソーシャルゲーム『しろつく』の公式クチコミ情報サイトです。
おでかけが楽しくなるクチコミ情報をいち早くお知らせする他、しろつくグッズの販売店検索や会員限定プレゼント情報、
会員限定のリアルイベント情報、人気投票コンテスト等のコンテンツを配信中!
公式サイト(PC・モバイル共通):http://46ca.jp/

【株式会社ケイブ】
株式会社ケイブは、趣味性の高いコンテンツを企画・制作・運営するエンターテインメント事業を展開しています。
「ケイブが創ると未来はもっと楽しくなる」というコンセプトのもと、
エンターテインメントを通じた豊かで魅力的なライフスタイルを提案してまいります。 (http://www.cave.co.jp/)

【『しろつく』に関するコピーライト表記】
(C)CAVE Interactive CO.,LTD.
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケイブ >
  3. 300万人が遊ぶソーシャルゲーム『しろつく』 連動カードゲームシリーズ『しろCA』第2弾を発売