[参加者募集]科学の不思議を体験したい小学5・6年生の参加を募集!

11月11日(日曜)に千葉大亥鼻イノベーションプラザで「亥鼻実験教室」を開催

千葉大学医学部附属病院(病院長 山本修一、千葉市中央区亥鼻1-8-1」)では、子どもたちに科学の不思議な実験を通じて、臨床試験や研究に興味を持ってもらい、将来、医療従事者や研究者を目指す第一歩となることを期待して、11月11日(日)に「亥鼻実験教室」を開催します。
この「亥鼻実験教室」は、当院臨床試験部の主催で、平成21年度より毎年開催しているものです。第10回目の開催となる今回は、千葉市内の小学5・6年生を対象に、味覚に焦点をあて、「レモンはすっぱい」という常識を覆すような実験プログラムを用意しています。このプログラムでは、実際の臨床試験さながらに、小学生が被験者役となり、実験の説明を聞き、内容を理解し納得したうえで同意するというインフォームドコンセントを行うことから始まります。また、臨床試験を疑似体験することで、新しい薬や治療法の開発過程を学ぶことができ、子どもの知的好奇心を刺激する内容となっています。
 
  • 開催概要
開催日時: 平成30年11月11日(日)13時30分~16時30分
開催場所: 千葉大亥鼻イノベーションプラザ (亥鼻キャンパス内)
内  容: レモンはあまい?~「味」を調べて体のフシギにせまろう!~
講      師: 花輪道子(千葉大学医学部附属病院臨床試験部特任教授)
対      象: 千葉市内及び周辺にお住まいの小学5・6年生
定      員: 20名
参  加 費: 無料
共      催: 独立行政法人中小企業基盤整備機構
後      援: 千葉市
補  足 : こちらは、実際の臨床試験とは違います。
                臨床試験を疑似体験していただく実験教室です。
  • 申し込み方法
参加希望の場合は、添付のチラシをFAXしてお申込みください。または、下記URLにアクセスし、亥鼻実験教室ページ専用フォームよりお申込みください。
申し込み期限:10月29日(月)
多くの方のご参加をお待ちしています。
※取材の申し込みは、病院広報室までお願いします。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. [参加者募集]科学の不思議を体験したい小学5・6年生の参加を募集!