プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社CHET Group
会社概要

来場500万人突破「バーチャル大阪駅うめきたワールド」で鉄道をデザインで表現する「TLINE」とコラボしたアバターTシャツアイテム初登場

CHET Group

「クリエイティビティ×テクノロジー」でIP開発を行う株式会社CHET Group(本社:東京都品川区 代表取締役CEO:小池祐輔)は、鉄道IPを活用したコンテンツ事業のプロジェクトとしてJR西日本で活躍する歴代鉄道車両のカラーリングをモチーフにしたブランド「TLINE」のオンラインくじを2022年11月に発売いたしました。※現在は販売終了

この度、2023年3月18日(土)に開業した「大阪駅(うめきたエリア)」のバーチャル空間である「バーチャル大阪駅 うめきたワールド」がスマートフォン向けメタバース「REALITY」上で3月8日(水)から先行して開業(公開)されたことを記念して、大阪駅(うめきたエリア)に実際に発着する「関空特急はるか」や「特急くろしお」の特急列車名やトレインマークをあしらったオリジナルデザインのアバターTシャツアイテムが期間限定で販売されます。

JR西日本の特急列車などの側面カラーをボーダーデザイン化することで、鉄道をデザインで表現する斬新なプロジェクト「TLINE-トライン」※とコラボレーションしたアバターTシャツアイテムも初登場!オンラインくじで好評だったデザインがアバターでもお楽しみいただけます。

この期間しか手に入らないアバターアイテムを身につけてバーチャル大阪駅 うめきたワールドで
配信をお楽しみいただけます。

・販売期間:2023年4月5日(水) 15:00 ~ 4月23日(日) 23:59
・アプリ「REALITY」 ダウンロードサイト:https://reality.app/

*アバターアイテムはアプリ「REALITY」内のアバターにのみご利用いただけます。
*販売期間は変更となる場合があります。



 

  • 商品ラインナップについて



 

  • ボーダー柄のデザイン「TLINE-トライン」ブランドについて

鉄道をデザインで表現する斬新なプロジェクト。 側面カラーを象ったボーダーデザインが、走る車両を連想させ記憶の残像を商品化した新感覚ブランドです。 
ブランド名は“Train”=電車と“Line”=線を組み合わせた造語で、鉄道車両デザインの美しさをボーダー柄に落とし込むことで、鉄道ファンの皆様から末長く愛されるブランドに育てていきたい、という想いが込められております。
※本プロジェクトは株式会社 CHET Groupと、株式会社JR西日本イノベーションズが共同で展開するものです。
 

  • CHETスクラッチについて

CHETスクラッチはスマホやPCで楽しめる「ハズレ無しのオンラインくじ」です。
IPを活用した新たな販売チャネルとして売り上げ拡大に貢献する次世代のエンタメECツールです。CHETスクラッチでしか手に入らない限定ラインナップをご用意しております。
《CHETスクラッチ》
https://chetscratch.online/store




 

  • 会社概要

会社名:株式会社CHET Group
代表者:代表取締役CEO 小池 祐輔
所在地:東京都品川区上大崎3-14-35山手ビル2F
設立:2020年5月
URL:https://chet.com
事業内容:株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営、プラットフォーム構築・運営、IP管理・投資、企業投資、デジタルエージェント・クリエイティブ・プロダクション業務、海外展開支援


【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社CHET Group MAIL:pr@chet.co.jp (広報担当)


 

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
芸能
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社CHET Group

18フォロワー

RSS
URL
https://chet.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都品川区上大崎3-14-35 山手ビル2F
電話番号
03-6277-0588
代表者名
小池 祐輔
上場
未上場
資本金
1億2300万円
設立
2020年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード