フリーランス向け福利厚生プログラム「レバテックケア」を開始

フリーランスとして働くITエンジニア・クリエイターの不安を解消

レバテック株式会社が運営するITエンジニア・クリエイター専門エージェント、レバテックフリーランスは、フリーランスとして働くITエンジニア・クリエイター向け福利厚生プログラム「レバテックケア」(https://levtech.jp/welfare/freelance)の提供を開始します。

■「レバテックケア」提供開始の背景
「レバテックケア」は、フリーランスとして働くITエンジニア・クリエイター向け福利厚生プログラムです。レバテックが行ったアンケート調査結果※によると、フリーランスとして働く不安要素の上位に「会社員では受けられる福利厚生がなくなること」があげられました。

 


年齢別では、フリーランスの中でも30代・40代の約4割が福利厚生に不安を持っていることもわかります。
 


昨今では、フリーランスが一般化されてきましたが、フリーランスエンジニアの働く環境は、充分に整備されておらず、フリーランスとして働くことに不安を持っている方は多い状況です。レバテックフリーランスでは、フリーランスとして働くITエンジニアが安心した生活を送ることができるよう、福利厚生プログラム「レバテックケア」を開始しました。

※アンケート調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:レバテックフリーランスへ登録したユーザー
調査期間:2019年10月13日〜2019年10月31日

■「レバテックケア」ご利用方法https://levtech.jp/welfare/freelance

 


■「レバテックケア」福利厚生一覧

■レバテック株式会社
レバテック株式会社では、「IT業界のエンジニア・クリエイターの人生に寄り添う」をミッションに掲げ、Web・IT業界のエンジニアと企業を繋ぐSES(システム・エンジニアリング・サービス)事業を展開しています。現在は業界最大手のフリーランスエンジニア専門エージェント「レバテックフリーランス」ほか、転職エージェント「レバテックキャリア」、総実施数250回を超えるIT技術者向け無料イベント「ヒカ☆ラボ」など、エンジニア・クリエイターのキャリアアップのための様々なサービスを提供。登録者は14万人を超えます。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レバレジーズ株式会社 >
  3. フリーランス向け福利厚生プログラム「レバテックケア」を開始