メタバースが一番よくわかる教科書 クラスター社CEO加藤直人の『メタバース さよならアトムの時代』が4月5日に発売!

ITビジネス界・SF関係者も絶賛。noteで「序文」を無料公開中

株式会社集英社(本社:東京都千代田区)は、加藤直人『メタバース さよならアトムの時代』を4月5日(火)に刊行いたします。

 

オンライン上のデジタル空間を指す「メタバース」は、1992年にSF小説『スノウ・クラッシュ』に登場以来、数多くの起業家にインスピレーションを与え、2022年現在、インターネットに続く新たな経済圏として世界的なバズワードになっています。

『メタバース さよならアトムの時代』は、日本発のメタバースプラットフォームclusterの創業者で、クラスター株式会社代表取締役CEOの加藤直人による、メタバースが一番よくわかる教科書です。GAFAMがしのぎを削る現状から、VRの歴史や背後の思想、そして驚きの未来像まで、メタバースに関わるすべてを網羅しています。

 
【推薦コメント】
「メタバースの可能性と歴史、人類史における意義、更にこれから社会にもたらす大きな変化まで。この領域のど真ん中で成長を続けてきたクラスターの加藤さんにしか書けない渾身の一冊だ。」
笠原健治氏(ミクシィ創業者)

 

「非常に網羅的なメタバースの解説。メタバースで初めてインターネットやコンピューティング、デジタルコミュニティに触れる人のための優れたガイドブックにもなっている。」
藤井太洋氏(SF作家)


【著者プロフィール】
かとう・なおと
クラスター株式会社 代表取締役CEO。
1988年大阪府生まれ。京都大学理学部にて宇宙論と量子物性論を研究。京都大学大学院理学研究科修士課程中退後、約3年間のひきこもり生活を過ごす。2015年にスタートアップ「クラスター」を起業。2017年にVRプラットフォーム「cluster」を公開。clusterは現在アバターを用いたコミュニケーションやオンラインゲームの投稿などができるメタバースプラットフォームへと進化している。経済誌『ForbesJAPAN』の「世界を変える30歳未満30人の日本人」に選出。
Twitter:https://twitter.com/c_c_kato

 

【noteで「序文」を無料公開中】

https://note.com/c_c_kato/n/n4cb88020d493

 
【内容紹介】
2022年最注目キーワード〈メタバース〉が一番よくわかる教科書。
GAFAMがしのぎを削る現状から、VRの歴史や背後の思想、そして驚きの未来像まで、メタバースに関わるすべてを網羅!

「世界を変える30歳未満30人の日本人」(Forbes JAPAN)に選出された、メタバースプラットフォームcluster創業者が幻視する、人類が物質(アトム)の束縛から解き放たれる未来とは?

 
〈目次〉
・はじめに
・第1章 メタバースとは何か
・第2章 メタバース市場とそのプレイヤーたち
・第3章 人類史にとってのメタバース
・第4章 VRという技術革命
・第5章 加速する新しい経済
・第6章 メタバースの未来と日本
・おわりに

 


【書誌情報】
発売日:2022年4月5日(火)※電子書籍版も同日配信
定価:1,650円(10%税込)
版型:四六判ソフトカバー
頁数:272頁
ISBN:978-4-08-788075-5
発行:株式会社集英社
詳細ページ:https://www.shueisha.co.jp/books/items/contents.html?isbn=978-4-08-788075-5
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社集英社 >
  3. メタバースが一番よくわかる教科書 クラスター社CEO加藤直人の『メタバース さよならアトムの時代』が4月5日に発売!