スマートロボティクスとACCESS、物流用ドローンと連携する地上配送ロボット(UGV)の試作機を共同開発

株式会社スマートロボティクス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高田 進一朗、以下、スマートロボティクス)と株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下、ACCESS)は、ドローンポートから個人宅の玄関先までの配送を行う事ができる地上配送ロボット(UGV、Unmanned Ground Vehicle)の試作機を共同開発したことを発表いたします。
物流用ドローンの配送では、一般にポートを設置できる場所は、空が開けた場所に制限されます。このため、ポートから個人宅まで距離があることが多く、この間の配送の無人化が課題となっています。両社は、この度の試作機の開発を機に、共同でUGVの研究開発を進め、物流用ドローンの社会実装におけるドローンポートから個人宅の玄関先までの配送課題を解決していく予定です。

<共同開発UGV試作機の特徴>
・真空パッドによる荷物の吸着機能
・UGVに搭載したカメラ映像を確認しながらの遠隔操作
・最大積載量(サイズ:H 200mm × W 300mm X D 350mm、重量:5kg)
・電源:搭載バッテリー容量 598Wh、公称電圧 25.2V

<背景>
スマートロボティクスは、これまで業務用ロボットを社会実装することで、様々な現場の課題を解決してまいりました。この経験をもとに、遠隔操作するテレワークロボットや自律走行できる搬送ロボットの開発を進めています。一方、ACCESSは、IoTおよび組み込みソフトウェア領域における先進のテクノロジーと豊富な市場実績、並びにドローンへのソフトウェア組み込みに関する経験を有しています。両社は、互いの技術とノウハウを組み合わせることで、物流領域における産業用ドローンのラストワンマイルの課題解決および新規市場開拓を実現することで地域経済に貢献ができると考えが一致したことから、この度の地上配送ロボット(UGV)の試作機開発を行いました。

■株式会社スマートロボティクスについて
スマートロボティクスは、2016年の設立以来、ロボティクスやICT等の先端技術を活用して、様々な業界の自動化や省力化の課題抽出から仕様検討、開発や運用に至るまで一貫して対応してまいりました。同社はソフトウェアやハードウェアはもちろんのこと、ソフトとハードをつなぐ制御も得意としております。これらの技術知見を活かしながら、2018年より自社製品の開発にも力を入れ、駆動部品(アクチュエータモジュール)や移動ロボットプラットフォーム、紫外線照射ロボット等の製品を展開しております。
https://www.smartrobotics.jp/

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証一部:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび350社以上の企業への採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組み込みとクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

※ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ACCESS >
  3. スマートロボティクスとACCESS、物流用ドローンと連携する地上配送ロボット(UGV)の試作機を共同開発