文芸誌「文藝」冬季号、さらに増刷決定。87年の歴史で3度目。

「文藝」2020年冬季号 表紙「文藝」2020年冬季号 表紙

河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締役社長 小野寺優)は季刊文芸誌「文藝」2020年冬季号(10月7日発売)を、発売翌日に決定した1万部の増刷に続き、9日(金)、さらに5000部の増刷を決定しました(初刷10,000部、累計25,000部)。増刷分は20日(予定)以降順次出荷いたします。
http://www.kawade.co.jp/np/bungei.html

2019年4月発売の同誌夏季号での大幅リニューアル以降、4度目の増刷。3刷は1933年の創刊号と2019年秋季号に続き、「文藝」創刊以来3度目となります。

【「文藝」リニューアル以降の一覧】
2019年4月7日発売 「文藝」2019年 夏季号 【特集】「天皇・平成・文学」
2019年7月7日発売 「文藝」2019年 秋季号 【特集】「韓国・フェミニズム・日本」 3刷
2019年10月7日発売 「文藝」2019年 冬季号 【特集】「詩・ラップ・ことば」+第56回文藝賞発表 2刷
2020年1月7日発売 「文藝」2020年 春季号 【特集】「中国・SF・革命」
2020年4月7日発売 「文藝」2020年 夏季号 【特集】「源氏! 源氏! 源氏!」
2020年7月7日発売 「文藝」2020年 秋季号 【特集】「覚醒するシスターフッド」 2刷
2020年10月7日発売 「文藝」2020年 冬季号 【特集】「いま、日本文学は」+第57回文藝賞発表 3刷
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 河出書房新社 >
  3. 文芸誌「文藝」冬季号、さらに増刷決定。87年の歴史で3度目。