【占いフェス特別ライブ】「占いで幸せになれない現代人」には理由があった。西洋占星術の大家鏡リュウジと占星術家マギー・ハイドが本場英国から生中継LIVE!

〜神を敬い自分を信じた古代人、科学を敬い自分を信じない現代人〜

株式会社ザッパラス(本社:東京都港区、代表取締役:玉置真理)は「占いフェス at home」において、2020年7月12日(日)16時から、鏡リュウジと、英国を代表する占星術家の一人マギー・ハイドを英国から中継を繋いでのライブ配信を行います。
生年月日から鑑定する占いは、ともすれば「運命は決まっている」という見地で語られがちですが、「Destiny is negotiable(運命は交渉可能)」というマギー・ハイドと「星を読むことは自分を知ること」という鏡リュウジの共通点は、「決まった運命などはなく運命は自らの手で切り開くものである」ということ。
占星術を知り尽くした二人だからこそ伝えられる「占いを活用して幸せになる方法」、ぜひお楽しみに。4000年もの間、形を変えて受け継がれてきた占いの歴史についてもお話いただきます。

占いフェス特別ライブ「占いで幸せになれない現代人」マギー・ハイド、鏡リュウジ占いフェス特別ライブ「占いで幸せになれない現代人」マギー・ハイド、鏡リュウジ

▼英国占星術界の重鎮マギー・ハイド  緊急特別講演

英国占星術界で長年活躍され、『ユングと占星術』の著者であるマギー・ハイドが占いフェスに特別、緊急出演!
伝統占星術と現代占星術に精通するハイド氏は英国占星術家の重鎮であり、鏡リュウジの長年の先達でもあり、友人でもあります。マギー・ハイドはジェフリー・コーネリアス博士とともに、「カターキー」という占星術の様式を唱導してきました。決定された宿命ではなく、自分がどのように行動すべきか、神々に問いかけ、自らイニシアチブをとるためのヒントとしてホロスコープを捉える「カターキー」。その起源は古代のオーメン(予兆)にさかのぼります。占星術のみならず、占いに関心のある方、必見。挑発的、衝撃的なトークになるはずです。

▼4000年間、形を変えて生き延びた「占い」の歴史
占星術の歴史は古く、4000年前に古代バビロニアで生まれたと言われています。
原始の占星術は、鳥の飛び方や、亀の甲羅で占うのと同じように、星の配置を神々の意思を知るためのオーメン(予兆)として捉えていました。アレクサンダー大王の遠征により、ギリシャ文化との融合が進み、やがてピタゴラスの数理やストア派の宿命論など様々な哲学や思想の影響を受け、現代に受け継がれる占星術の原型ができました。原始のそれとは異なり、もはや神々の意思を聞くものではなく、星々の動きと影響を因果関係で考える科学の一つとなったが故に、キリスト教の迫害も科学の洗礼も潜り抜け、今に至るまで生き延びました。
現代では科学として捉えられることはないものの、運命や因果関係を信じる人が多いことも事実です。

▼神を敬い自分を信じた古代人、科学を敬い自分を信じない現代人
原初、占いは天からのお告げを聞く恭しい行為でした。人々は謙虚な気持ちを持ちつつ、自分の人生は自分で決めるという強い意思がありました。
かたや現代を生きる私たちは、神は愚か自然の警鐘にも耳をかさないほど自らの力を過信しているにもかかわらず、自ら決め自ら行動していくというイニシアティブを発揮していない場面が多いのではないでしょうか。
自らを過信せず、しかしながら自分で率先して行動していくことが、幸せの鍵ではないかと二人は説きます。
占いとどのように付き合えば幸せになれるのか。
90分の知の冒険をお楽しみいただければと思います。

■オンライントークイベント概要
・日時:2020年7月12日(日)16時〜17時30分
・場所:占いフェス at home 公式サイト内にて
・関連URL: https://uranaifes.com/2020summer/
 

マギー・ハイドマギー・ハイド

・マギー・ハイド

マギー・ハイド(Maggie Hyde)は、英国のケント大学で「神秘主義と宗教的体験」の研究により文学修士号を取得した、占星術家。1983年、ロンドンを拠点に、英国占星術のための教育機関「カンパニー・オブ・アストロロジャーズ」をジェフリー・コーナリアスらと共同創設。また英国占星術協会のジャーナル(学会誌)では、「ホラリーセクション」の編集を任じてもいた。
伝統占星術、現代占星術に精通、英国占星術界の重鎮ジェフリー・コーネリアスとともに占星術はDivination(神託、卜術的占術)であるという立場から論を展開。「カターキー」という古い占星術のスタイルを唱導。メディアの上でも『ガーディアン(The Guardian)』『オブザーバー(The Observer)』を含む多くの英国新聞や、『コスモポリタン(Cosmopolitan)』などの世界各地で発刊の雑誌で占星術のコラムを執筆。18ヶ国で出版されているファッション誌『ハーパース・バザー(Harper's Bazaar)』日本版の占いコーナー担当や、『MISTY』『グラマー(日本版)』ど、多数の雑誌での執筆経験もあり、日本でも活躍している。彼女の著書には、『ユングと占星術(Jung and Astrology)』、『マンガ ユング心理学入門(Jung For Beginners)』があり、ユング心理学と占星術の国際的な語り手としても世界に広く知られている。
 

鏡リュウジ鏡リュウジ


・鏡リュウジ

占星術研究家・翻訳家。10歳でタロットに出会い、魔術・占星術などに関心を持つ。16歳頃に雑誌でコラムの連載を開始する。占星術、占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介し、従来の「占い」のイメージを一新、多くの女性から圧倒的な支持を受けている。雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いメディアで活躍中。







 


■ イベント概要

名称:占いフェス at home
開催日時と入場料:2020年7月7日(火)〜12日(日)、1,000円(税抜き/チケット5枚付き)
会場:占いフェス公式サイト内
公式サイト:https://uranaifes.com/
主催:株式会社ザッパラス

やむを得ない事情や主催者側の都合により、当日のイベント内容が変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

▼公式SNS情報
最新情報は「占いフェス」公式SNSで発信しています。

Twitter:https://twitter.com/uranaifes
Instagram:https://www.instagram.com/uranaifes
tiktok:https://www.tiktok.com/@uranaifes
youtube:https://www.youtube.com/channel/UCrlyZCV_D8_5WrPf6g4AbGw
Facebook:https://www.facebook.com/uranaifestival/

■株式会社ザッパラス
モバイルコンテンツ黎明期に占いコンテンツ市場を確立し、その後東証一部上場企業にまで成長。現在、国内のみならず米国でも最大規模の占いメディア「tarot.com」などを運営し、占いコンテンツ市場シェア世界No.1。また、エル・オンライン、エル・ガール、25ans(ヴァンサンカン)オンライン、SPUR.JP、Marisol ONLINEほか、
女性雑誌、Webメディアを中心に占いコンテンツを提供中。
2017年からリアルイベント「占いフェス(https://uranaifes.com/)」の企画運営、動画事業、VR/AR事業「タロットVR(https://www.tyffonium.com/attraction/tarotvr.html)」も展開。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ザッパラス(https://www.zappallas.com
担当:石原 e-mail : pr@zappallas.com
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ザッパラス >
  3. 【占いフェス特別ライブ】「占いで幸せになれない現代人」には理由があった。西洋占星術の大家鏡リュウジと占星術家マギー・ハイドが本場英国から生中継LIVE!