3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む

『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年6月度)』

~10代と20代は、他世代と比べて「スマホ決済」が浸透~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年6月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全124ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。


【調査結果の概要】 
                                                      
■3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む
商品・サービス購入時の支払方法についてシーンごとに聞いたところ、「現金を使わない」、もしくは「現金を使わないことが多い」と答えた人の割合は、「公共交通機関での運賃」は44.6%、「コンビニでの商品購入代」は34.5%、「ファストフード店やファミレスの飲食代」は25.5%でした。
前回調査である2016年9月度調査では、「公共交通機関での運賃」は43.9%、「コンビニでの商品購入代」は27.2%、「ファストフード店やファミレスの飲食代」は18.4%で、いずれのシーンにおいても現金を使わずに支払いを済ませている人が増加していました。

■10代と20代は、他世代に比べて「スマホ決済」が浸透
商品・サービス購入の支払いに「現金を使わない」、もしくは「現金を使わないことが多い」と答えた人に、ネットショッピングを除いて、リアルで利用している現金以外の支払い方法を聞いたところ、「クレジットカード」(81.4%)が最も多く、次いで「プリペイドカードなどのカード型電子マネー」(51.6%)、「スマートフォンの決済機能」(16.3%)でした。
年代別に「スマートフォンの決済機能」を利用している人の割合を見てみると、30代は19.4%、40代は13.1%、50代は16.5%、60代は5.5%に対し、10代は25.8%、20代は24.8%でした。スマートフォンでの決済は、若年層の方が浸透していました。
                       
■スマホ決済をする人の約4割が「Apple Pay」を利用
スマートフォンで決済を行う人にその方法について聞いたところ、44.7%の人が「Apple Pay」を利用していました。次いで「楽天ペイ」「LINE Pay」(ともに、24.3%)、「Google Pay」(23.0%)、「d払い」(21.1%)でした。
 ※複数回答あり。

■10代と20代のオンラインバンキング利用は「スマートフォンメイン」
オンラインバンキングについて、「PCメインで利用している」人は33.6%、「スマートフォンメインで利用している」人は20.5%、「今は利用していない」人は26.3%でした。年代別に見てみると、10代と20代は「スマートフォンメインで利用している」人が「PCメインで利用している人」に比べて多く、30代から60代は「PCメインで利用している」人の方が多いということがわかりました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. 3割以上がコンビニで現金を使わず。「キャッシュレス化」が進む