【JAPANサッカーカレッジ】学生が地域のお年寄りを支援 新潟県聖籠町へ福祉器具贈呈式を開催

NSGグループの全国唯一サッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」は、地域貢献活動の一環として福祉器具を聖籠町へ寄贈。9月20日(日)に贈呈式を執り行いました。


全国唯一サッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」では、2008年から地域貢献活動の一環として学生主導で校内外のアルミ缶を集めて換金、福祉器具を購入し、聖籠町へ寄贈する企画を実施しております。
毎年1~2台を寄贈し、累計で14台目となります。今年度は9月20日(日)に開催されたJAPANサッカーカレッジのセカンドチームCUPS聖籠が参戦している北信越フットボールリーグ2部ホームゲームの試合開始前に福祉器具贈呈式が執り行われました。
贈呈式では、JAPANサッカーカレッジを代表して、CUPS聖籠キャプテン栗原勇哉選手より聖籠町長寿支援課の小野芳昭課長へ福祉器具が贈呈されました。

贈呈式での小野芳昭課長コメント
頂戴しました福祉器具については聖籠町の保健福祉センターに配布をさせていただき、高齢者の方への対応用の品として利用させていただきます。寄贈いただいた福祉器具に対し、高齢者の方やそのご家族の方からは大変感謝をいただいております。
また、JAPANサッカーカレッジの皆様におかれましては今回の福祉器具の贈呈以外にも様々な地域貢献活動に取り組んでいただいております。聖籠町の様々なイベント等でもボランティアとして参加いただいており、様々な場面でご活躍、ご協力いただいております。

今現在は新型コロナウイルスの影響もある中で、学校生活だけではなく普段の生活においても大きな影響が出ていると思います。このような状況下においても例年と変わらず福祉貢献活動に取り組んでいただいたことにつきましては本当に頭の下がる思いです。こういった志を高く持った学生の皆様であれば、この新型コロナウイルスの収束が見通せない状況下においても充実した学校生活を送って行っていただけるのではないかなと考えております。本日は、誠にありがとうございました。

CUPS聖籠キャプテン栗原勇哉選手コメント
日頃から聖籠町からの支援を受けながら私たちの活動ができていると感じています。その恩返しのためにも地域貢献活動や福祉貢献活動を行うことはとても重要だと感じていて、こういった活動は今後も継続していき、よりホームタウンに根差し、地域から愛されるサッカークラブになっていくことができればと思っています。

これからもJAPANサッカーカレッジでは新型コロナウイルスに負けず、地域貢献活動を実施していきます。

JAPANサッカーカレッジ  https://cupsnet.com/
新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1
TEL.0254-32-5357 / FAX.0254-32-5358
E-mail.cups@nsg.gr.jp



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NSGグループ >
  3. 【JAPANサッカーカレッジ】学生が地域のお年寄りを支援 新潟県聖籠町へ福祉器具贈呈式を開催