VERIVERYが初登場&注目のファイナルバトル!オリジナルK-POP番組「Power of K Lab7」第6回ライブレポート

株式会社ストリームメディアコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)はdTVチャンネルで配信している「Kchan!韓流TV」において2/3(月)に音楽番組「Power of K Lab7」#6を配信いたしました。2/8(土)、2/9(日)の再配信を前に、当日のライブレポートをお届けします。

©Stream Media Corporation©Stream Media Corporation

【第6回オフィシャルレポート】

Kchan!韓流TVが韓国・ソウルから生中継で送るオリジナル番組「Power of K Lab7」が、ついにファイナルバトル!最終回となる#6が2月3日に開催され、新進気鋭のK-POPアイドル7組が東京でのライヴを目指してパフォーマンスを競った。MCはBlock BのユグォンとgugudanのHANA。オープニングには元4minuteのジユンが結成したユニットPRSNTが登場し、特別ゲストとしてステージを披露。

バトルステージの幕開けを飾ったのは、これまでの爽やかなイメージから一転、シックな装いで登場した1TEAM。続いて最多出演のDONGKIZが元気いっぱいのステージを披露する。活動を休止していたギョンユンが復帰し、完全体でのパフォーマンスだ。この日の紅一点となるANSは、力強くセクシーなステージを繰り広げ、次世代ガールクラッシュの魅力をアピール。男性デュオのB Of YouはSexyかつクールなバラードで美しい歌声を響かせた。

前回は〈ガールクラッシュ ビッグマッチ〉と題してガールズグループが対決したが、今回はボーイズグループによるビッグマッチ。WE IN THE ZONEとVANNERがカバー曲で対決した。WE IN THE ZONEが東方神起の「Begin」を熱く歌い上げる一方、VANNERは、原曲を歌ったユグォンの助言どおり、アグレッシヴなBlock Bの「Very Good」をのびのびと披露。対照的な楽曲でそれぞれの個性を発揮。そして最後にVERIVERYが登場。7人のキレのあるダンスで圧倒のステージを見せつけた。

さらにこの日は2組の特別ゲストによる“ヒーリングコンサート”も。復活〈プファル〉出身のチョン・ドンハが力強いロックバラードで圧巻のヴォーカルを披露し、“鼓膜の彼氏ドル”と呼ばれるVOISPERが美しいハーモニーを響かせた。

すべてのバトルを終えた「Power of K Lab7」。3月2日にはTOP 7がLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)に集結! 視聴者の支持を集めた上位7組と豪華ゲストによる「Power of K Lab7 TOKYO LIVE」が開催される。

「Power of K Lab7 TOKYO LIVE」3月2日 開催決定!
詳しくは公式HPへ https://knda.tv/special/powerofk-lab7-tokyolive/


開催日時:3月2日(月)開場 16:00 開演 18:00(予定)
会場:LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
料金:無料(応募者より抽選で1,600名ご招待)
出演アーティスト:
<特別ゲスト&MC>ジヒョク、ゴニル(from Funky Galaxy)
<MC>HANA(gugudan)
<ゲスト>Golden Child
<HANA応援出演>VERIVERY
DONGKIZ、GreatGuys、HINAPIA、1TEAM、TARGET、VANNER、WE IN THE ZONE
※出演者は変更の可能性があります
※グァンス(from Funky Galaxy)、スルチャン(TARGET)は不参加となります

【「Power of K Lab7」#6 番組概要】
再配信日時:2/8(土)ひる12:30~、(日)よる10:00~ ※生配信ではありません
MC:ユグォン(Block B)、HANA(gugudan)
出演アーティスト:
<特別ゲスト>チョン・ドンハ、PRSNT、VOISPER
<バトルチーム>ANS、B Of You、DONGKIZ、1TEAM、VANNER、VERIVERY、WE IN THE ZONE 
(アルファベット順)
公式サイト: https://knda.tv/special/powerofk-lab7/

【配信局】
 Kchan!韓流TV(dTVチャンネル®内) https://knda.tv/special/kchan/
※dTVチャンネルについて
スマートフォンやタブレットとインターネット環境があれば、特別な機器などをつなぐことなく、映画やドラマ、アニメ、趣味など多彩な専門チャンネルによるリアルタイム配信が、いつでもどこでも視聴可能。株式会社NTTドコモが提供する定額制のチャンネル見放題サービスです 
※「dTVチャンネル」は株式会社NTTドコモの登録商標です
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ストリームメディアコーポレーション >
  3. VERIVERYが初登場&注目のファイナルバトル!オリジナルK-POP番組「Power of K Lab7」第6回ライブレポート