2022年の世界大会「2022 リーグ・オブ・レジェンド World Championship」北アメリカの複数都市で開催されることを発表!

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、以下:LoL)」の2022年の世界大会「2022 リーグ・オブ・レジェンド World Championship(以下、Worlds2022)」が北アメリカの複数都市で開催されることをお知らせします。

Worlds 2022はプレイインがメキシコのメキシコシティで開催され、グループステージと準々決勝はニューヨークで、準決勝はカナダのトロントで、決勝はカリフォルニア州のサンフランシスコで開催されます。ライアットゲームズが北アメリカの複数の国でWorldsを開催するのは初めてのことであり、メキシコとカナダでのWorlds開催は今回が初めてとなります。
また、Worlds 2022のプレイインはLoL EsportsのLiga Latinoamerica(LLA)のホーム都市で開催され、グループステージとQuarterfinalsはマディソン・スクエア・ガーデンのHuluシアター、 Semifinalsはトロント・ラプターズのホームであるスコシアバンク・アリーナ、Finalsはゴールデンステート・ウォリアーズのホームであるチェイス・センターで開催されます。
チェイス・センターはLoL Esportsの北アメリカリーグ(LCS)のチームであるGolden Guardiansのホームでもあり、2019年に完成しました。この会場は受賞記録を持つスポーツ&エンターテイメント アリーナであり、18,064人もの観客を収容可能です。この会場はNBAのバスケットボールチーム、ゴールデンステート・ウォリアーズのホームであるだけでなく、コンサートやコンベンションなどの様々な大規模イベントも開催されています。
 

チェイス・センターはWorldsの決勝戦が開催される10個目のアリーナとなります。これまで、Worldsの決勝戦はアイスランドのレイキャビクにあるLaugardalshöllスポーツセンター(2021年)、中国の上海体育場(2020年)、フランスはパリのアコーホテルズ・アリーナ(2019年)、韓国は仁川(インチョン)の文鶴(ムナク)競技場(2018年)、中国の北京国歌体育場(2017年)、ロサンゼルスのステープルズ・センター(2016年)で開催されています。

  • LoL Esports グローバルヘッド Naz Aletaha コメント

Worldsが米国で開催された2016年以来、League of Legends Esportsは拡大を続けています。我々のグローバルスポーツが本来の規模で北アメリカに戻ってきて、コロナウイルスの状況が許す限りではありますが、3つの国の4つの都市でファンを客席に迎え入れられることをとても嬉しく思います。

  • Worldsについて
WorldsはLoL Esportsの最高峰であり、12の多彩な地域のトップチームが集まって世界チャンピオンの称号を懸けて競い合います。レギュラーシーズンの最後に毎回異なる地域がホストとなって開催されており、ライアットの12のプロリーグから24チームが1ヵ月間に渡るトーナメントに参加し、世界最高のチームを決定します。2020年のWorld Championshipは過去の視聴者数記録を更新し、全世界の最高同時視聴者数は4,595万人、1分あたりの平均視聴者数(AMA)は2,304万人以上を記録しました。
2021年11月に開催された2021年のWorldsファイナルは、Worldsの現世界チャンピオンで、優勝の最有力候補だったライアットゲームズ韓国リーグ(LCK)のDWG KIAが、中国リーグ(LPL)の1位チームであるEDward Gamingと対戦しました。そして白熱したBO5の末、EDGがサモナーズカップを掲げ、メルセデス・ベンツ チャンピオンシップリングを授与されました。Worlds 2021はWorlds 2020の記録を塗り替え、eスポーツの新たな視聴者数記録を樹立しています。正式な記録は12月に発表予定です。
また、Worlds 2022に関する詳細情報は後日発表します。
  • ライアットゲームズについて

ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。
LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。
ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人のライアターが働いています。
関連リンク:
ライアットゲームズ公式サイト:  https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan
  • リーグ・オブ・レジェンドについて

2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。世界で最も人気なトーナメントの一つである「World Championship」の2020年の決勝戦では、1分あたりのオンライン平均視聴者数(AMA)が2,180万人に上り、eスポーツ界の最高記録を更新しました。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている
関連リンク:
リーグ・オブ・レジェンド公式サイト: http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社ライアットゲームズ >
  3. 2022年の世界大会「2022 リーグ・オブ・レジェンド World Championship」北アメリカの複数都市で開催されることを発表!