2020年4月1日から空席待ちサービスがより便利になります

株式会社ソラシドエア(本社:宮崎県宮崎市 代表取締役社長:髙橋 宏輔)は、2020年4月1日(水)から空港における空席待ちサービスを以下の通り、より便利でわかりやすく変更し、すべての空港でご案内を統一することで、お客様の利便性向上に繋げてまいります。

・自動チェックイン機で希望の便に空席待ちの申し込みが可能になります。
・空席待ちの呼び出しを、すべての空港で出発時刻の20分前に搭乗口付近で行います。
・搭乗確定の発表がデジタルサイネージに表示され、自動チェックイン機で搭乗手続きが可能になります。

1. 空席待ちの申し込み方法が変更になります
これまで空席待ちご希望のお客様には路線別に空席待ち整理券を発行していましたが、今後は自動チェックイン機から搭乗ご希望便を指定してお申し込みいただくことが可能になります。(ご希望便を複数選択してお申し込みいただくことも可能です。)

2.すべての空港でスムーズにご搭乗いただけるよう、搭乗口付近でのお呼び出しに統一します
これまで空港により異なっていたお呼び出し場所を、すべての空港で保安検査場通過後の搭乗口付近に統一し、お呼び出し開始時間を出発時刻の20分前に変更します。

3.搭乗確定がデジタルサイネージで一目でわかり、自動チェックイン機で手続きが可能になります
これまで空席待ち整理券の種別と番号をアナウンスでお呼び出しし、係員がお一人様ずつ手続きをしておりましたが、搭乗口付近に設置するデジタルサイネージにお名前の一部と空席待ち番号を表示するお呼び出し方法に変更いたします。また、お呼び出し後のご搭乗手続きは、搭乗口付近に設置している自動チェックイン機で可能になります。
※ お預けの手荷物がある場合は搭乗口の係員がお手続きいたします。

【お呼び出しのデジタルサイネージ表示イメージ】

ソラシドエアはこれからもお客様に快適で便利なサービスを提供いたします。
※空席待ちサービスの詳細は、ソラシドエアホームページに3月下旬から掲載予定です。
https://www.solaseedair.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソラシドエア >
  3. 2020年4月1日から空席待ちサービスがより便利になります