人事向けクラウドサービス「jinjer」経済産業省後援「第6回 HRテクノロジー大賞」で優秀賞を受賞

 株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役:西澤亮一 以下、ネオキャリア)が提供する人事向けクラウドサービス「jinjer」は、この度「第6回 HRテクノロジー大賞」において、人事システム部門「優秀賞」を受賞いたしましたことをお知らせします。

■人事システム部門「優秀賞」の受賞理由

 「jinjer」は、全ての人事データをプラットフォーム上で一元管理できるクラウドサービスで、人事のバックオフィス業務全般を効率化・ペーパーレス化に成功するとともに、「jinjer」に蓄積されたデータを集積・分析することで、企業経営に必要なデータがアウトプットされ、人事が今まで着手できていなかった組織課題に取り組めるようになることで、「戦略人事」の実現に貢献するサービスであると、評価されました。


▶「第6回 HRテクノロジー大賞」特設サイト:https://hr-souken.jp/hrtech_award/

■受賞コメント
事業戦略本部 プロダクトデザイン部 部長
松葉治朗(JIRO MATSUBA)

この度は、栄えある賞を頂戴しとても光栄に思います。
「第2回 HRテクノロジー大賞」で初めて「jinjer」を選出いただき、今回で2度目の受賞となりました。この場を借りて日頃より「jinjer」をご利用いただいている皆様に感謝申し上げます。サービスローンチから5年が経ち、現在人事管理・勤怠管理・給与計算システムなどを中心に8プロダクトを展開しています。導入社数も約13,000社に達しましたが、これは煩雑な人事業務を一つのプラットフォームで解決できる「jinjer」ならではの優位性があるからだと考えています。

今年も新たな機能のリリースも決定しており、引き続き多くの人事担当者の業務効率化と企業の生産性向上を促進できるよう、サービスとサポート体制を強化してまいります。今後とも「jinjer」をよろしくお願いいたします。

■「HRテクノロジー大賞」について
 「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、産業技術総合研究所、情報処理推進機構、中小企業基盤整備機構、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム、HR総研(ProFuture株式会社))は、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与することを目的に、今年第6回が開催されました。

■人事向けクラウドサービス「jinjer」とは

 「jinjer」は人事向けクラウドサービスです。採用後の入社手続きにはじまり、入社後の人事管理、勤怠管理、給与計算、ワークフロー、経費精算、労務管理、雇用契約、コンディション管理など、これまで多くの企業でバラバラに管理されていた人事業務を一つのプラットフォームに集約することで、業務効率を大幅に改善します。また、それぞれのデータを集積・分析することで、企業経営に必要なデータをアウトプットします。

(「jinjer」公式サービスサイト:https://hcm-jinjer.com

■会社概要
会社名   :株式会社ネオキャリア
所在地   :東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2F
代表者   :代表取締役 西澤 亮一
事業概要  :HR Tech(IT、メディア)事業、人材事業、ヘルスケア事業、グローバル事業他
URL         :https://www.neo-career.co.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネオキャリア >
  3. 人事向けクラウドサービス「jinjer」経済産業省後援「第6回 HRテクノロジー大賞」で優秀賞を受賞