メ~テレ制作「名古屋行き最終列車2018」のPRで名古屋鉄道に全9種類の系統板が掲出されます!

メ~テレ制作の地域密着ドラマ「名古屋行き最終列車2018」は、いよいよ本日 1月15日から放送します。ドラマの放送開始に合わせて、番組をPRするオリジナルデザインの系統板を掲出した車両が、名古屋鉄道で運行開始されました。



系統板とは、列車の行き先を示すため、先頭や最後尾の車両に取り付けられるものです名古屋鉄道の協力により、「名古屋行き最終列車2018」PRのため、ドラマの出演者をデザインした系統板が掲出されます。このドラマの系統板は、主演・松井玲奈さんの系統板や、男女6人組のアーティストグループ「AAA」のボーカル 宇野実彩子さんの系統板など、全9種類です。

1月15日(月)に名鉄常滑線 大江駅で、6000系車両の先頭部と最後部に番組ポスターをデザインした系統板の取り付け作業が行われました。

系統板を掲出した列車は、名鉄小牧線、瀬戸線を除く、各路線で、3月20日(火)まで、毎週系統板のデザインを変えて運行されます。どの列車がどの系統板を掲出して走るかはお楽しみに。目にすることができれば、の日はラッキーデーかも
  
ドラマ「名古屋行き最終列車2018」は、名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、乗客たちの人生のふれあいを描いたヒューマン・コメディー・ドラマで、今回の作品が第6弾となります。名古屋鉄道の沿線が舞台となっており、実際の撮影も名鉄の駅や車両で行われました。

2012年放送の第1弾は「東京ドラマアウォード2013ローカル・ドラマ賞」、2014年放送の第2弾、2015年放送の第3弾は「平成26年、27年日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組優秀賞」を連続受賞した、メ~テレの冬の風物詩とも言えるこのドラマが今年も放送となります。ぜひご期待ください。


<系統板 掲出実施概要>
 掲出期間 2018年1 月15日(月)~3 月20 日(火)
 掲出車両 6000系車両1編成
 掲出箇所 車両前面部(前後2箇所)
 運行エリア 名鉄小牧線・瀬戸線を除く全線

<番組概要>
【タイトル】 開局55周年記念番組 メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2018」

【放送情報】 2018年1月15日(月)スタート 
毎週月曜 深夜0時20分 ~ 0時50分(全10話)

【放送エリア】 東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)

【出演者】
松井玲奈  六角精児
大杉漣  吹越満  松下由樹
石野真子  野間口徹  今野浩喜  関太(タイムマシーン3号) 小林豊(BOYS AND MEN)波岡一喜  黒川芽以  宮﨑香蓮  谷花音
<2018新規出演者!>宇野実彩子(AAA)  堀内敬子  矢本悠馬  内山信二  中村静香  佐戸井けん太  渡辺いっけい

【内容】
名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、笑いあり、涙あり、人情あり、コメディありのストーリー。
さまざまなドラマや舞台での演技が高い評価を得ている松井玲奈をはじめ、個性豊かな俳優陣が登場します。

【スタッフ】
脚本:菊原共基  チーフプロデューサー:川本謙一  プロデューサー:神道俊浩
監督:大池雅光、平林克理  技術:恒川正次

【おしらせ】
番組ホームページ(https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2018/


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メ~テレ >
  3. メ~テレ制作「名古屋行き最終列車2018」のPRで名古屋鉄道に全9種類の系統板が掲出されます!