Zoom利用者向けソフトウェア「Zoom×議事録」の取り扱いを開始

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、SB C&Sを通じてZoomを導入いただいた利用者向けに、株式会社オルツ(本社:東京都港区、代表取締役:米倉 千貴、以下「オルツ」)が開発する、AIが参加者を判別して自動で録音や記録、翻訳などを行う「AI GIJIROKU」の新プラン「Zoom×議事録」の販売を2021年4月1日より開始します。

Zoomの国内初の認定ディストリビューターとして豊富な実績を持つSB C&Sは、ビジネス会議におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)をより一層推進するため、SB C&Sを通じてZoomを導入いただいた利用者向けの特別プラン「Zoom×議事録」の販売を開始します。

「Zoom×議事録」は、AIが参加者を判別して自動で録音や記録、翻訳などを行う「AI GIJIROKU」をベースに開発した製品で、特別なハードウエアや環境は不要です。ミーティング参加者の会話をテキストで記録、翻訳できるサービスで、オンラインミーティングを可視化することができます。また、「AI GIJIROKU」は、Zoomが提供するオフィシャルアプリケーションストア「Zoom Marketplace」において、日本語対応のアプリとして掲載されています。

また、SB C&Sと連携するZoom販売代理店500社以上が「Zoom×議事録」のエキスパートとなる取り組みを進め、企業のDX推進の悩みをワンストップで解決する体制を構築します。

【価格(税抜き)】
1ライセンス年額1万6,364円※
※5ライセンスから購入可能です。

【製品の特長】
・字幕機能
Zoomの日本語字幕機能に対応しています。

・国内最大規模のAIソリューション
サービスのベースとなる「AI GIJIROKU」は、利用企業500社以上、ユーザー数は数万名規模の利用者を持っています。

【お問い合わせ】
gijiroku@alt.ai

株式会社オルツ 事業企画部 部長 浅井 勝也氏からのエンドースメント
「Zoom×議事録」は、国内最大規模のAI SaaSソリューション「AI GIJIROKU」が更に進化し、ニューノーマル時代の企業ニーズとして非常に高い議事録作成の軽減や効率化を図ったサービスとして多くの企業さまにご利用いただいております。「Zoom×議事録」は、SB C&SのZoomリセラーさまがZoomアカウント販売とともに、オプションとして販売いただけるようなソリューションとなります。国内最大のZoomリセラー数を誇るSB C&Sに、「Zoom×議事録」を取り扱いいただくことで、よりスピーディーに、かつ幅広い業種業態の企業へ展開いただけると期待しております。

株式会社オルツについて
デジタルクローン技術によるP.A.I.(パーソナル人工知能)『Alt(オルツ)』の研究開発を通じ、私たちが日々生きること自体を永続的な価値を生み続ける資産となし、自己を自身の評価によって律する人類史上初の自律社会の創出実現を目指す企業です。詳細はこちら(https://alt.ai/)をご覧ください。

●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●ZoomおよびZoom(ロゴ)は、Zoom Video Communications, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
●P.A.I.は、オルツの登録商標です。
●その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SB C&S株式会社 >
  3. Zoom利用者向けソフトウェア「Zoom×議事録」の取り扱いを開始