「野村不動産グループ人権方針」を策定

 野村不動産ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:沓掛 英二、以下「当社」)は、「野村不動産グループ人権方針(以下、本方針)」を策定いたしましたので、お知らせします。本方針は、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」をはじめとする国際基準に則って定めたもので、外部専門家の助言と妥当性の確認を受け、サステナビリティ委員会(委員長:代表取締役社長 沓掛 英二)での検討を経て、取締役会にて承認されました。

 国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」 において、各国政府・企業における義務と責任が明記されて以降、人権の尊重に対する企業への対応責任や要請はより一層高まっています。

 

 当社は、「国連グローバル・コンパクト」への署名(2019年5月)、「野村不動産グループ調達ガイドライン」策定(2018年10月)およびサプライヤーとのエンゲージメント強化など、これまでも人権をはじめとするサステナビリティ推進活動を行ってまいりました。

 

 本方針を策定することで、不動産開発および関連するサービス・マネジメントを通じた「街づくり」を事業の中核とする企業グループとして、あらゆる人がウェルネスを実感できる持続可能な社会を実現していくために、「人権の尊重」を経営および事業活動の基盤として、その責任を明確に表明しました。今後、すべての事業活動を本方針遵守のもと推進してまいります。

 【「野村不動産グループ人権方針」】

URL:https://www.nomura-re-hd.co.jp/csr/pdf/hrp.pdf

 【ご参考】 当社グループ サステナビリティの取り組み

URL:https://www.nomura-re-hd.co.jp/csr/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 野村不動産ホールディングス株式会社 >
  3. 「野村不動産グループ人権方針」を策定