【FRONTIER】最新のAndroid 9搭載で、リーズナブルな8インチタブレットを新発売

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2019年6月21日(金)より、Android 9を搭載した、軽量でリーズナブルな8インチのタブレットを発売いたしました。
■製品の概要
このたび発売いたしました新製品は、Android OSで最新のAndroid 9を搭載した8インチ(8型)のタブレット端末<LT101 >です。
同画面サイズのタブレットとしては比較的軽量な約295gで気軽に持ち運ぶことができます。また価格は13,800円(税抜)と出来る限りリーズナブルに抑えました。コストパフォーマンスが良く、手軽で操作しやすいタブレットをお探しの方におすすめです。使う人を選ばない黒色のシンプルなデザインでご用意しました。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( http://www.frontier-direct.jp/ )にて、2019年6月21日(金)より販売を開始しています。

▼8インチ タブレットはこちらからご購入いただけます。※FRONTIERダイレクトストアにリンクしています。
 https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1906240201  
 

 



■製品の特長
<Android 9 (Android 9 Pie)>
Android 9ではUIが改善され、アプリの切り替えや音声のミュート等の操作が簡単になりました。
機械学習を利用してタブレットの使用状況を把握し、常時表示のような機能をオフにしたり、使用頻度の少ないアプリを自動的に制限することでバッテリー消費を少なくします。また、周囲の明るさを認識し、最適な明るさで表示します。

<Rockchip製 RK3126 CPU>
RK3126は、省電力性に優れたクアッドコアで、Mali 400 MP2 GPUを採用し高度に統合され、優れた処理能力とコストパフォーマンスを兼ね備えたSOCです。

<高精細ディスプレイ>
IPS方式の液晶パネルを搭載。明るく鮮やかな色表示を実現します。
・ 8インチ IPS液晶モニタ:画面解像度(800x1,280)
・ 同時発色数 最大 1670万色
・ 視野角上下左右 150°

<無線LAN/Bluetooth対応>
無線LANによるインターネット通信に対応、さらにBluetoothでワイヤレスイヤホンなどの外部機器を接続して使用することも可能です。

<外部インターフェイス>
・ Micro USB 2.0端子 x1 (充電専用/OTG非対応)
・ カードリーダー  microSD x1(最大32GB対応)
・ マイクヘッドフォンコンボジャック×1(3極のみ使用可能)

<バッテリー充電時間>
・ 約4時間(電源OFF時)

●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インバースネット株式会社 >
  3. 【FRONTIER】最新のAndroid 9搭載で、リーズナブルな8インチタブレットを新発売