運転免許証の自主返納を考える前に、4つの「運転免許認知機能模擬テスト」を受けてみよう

自らの運転による交通事故を起こさないために。大切な命を奪わないために。2019年9月13日 『運転免許認知機能検査模擬テスト』扶桑社より発売いたします。

ここ数年、多発している高齢者の運転による自動車事故が
多くの死傷者を出すケースも多いため、大きな社会問題になっています。
その流れを受けて、シニアドライバーの中には自ら免許を返納する人も多くいるようです。
さらに、2017年からは運転免許証更新の際、75歳以上の高齢者の方は認知機能検査が必須になりました。

本書では、そのような方々のために、4つ項目による検査の模擬テストを収録しています。

 

 

2017年からは75歳以上の高齢者が免許更新の際に認知機能検査が必須に2017年からは75歳以上の高齢者が免許更新の際に認知機能検査が必須に

 

 

 

 

郊外や地方では、自動車がなくては生活できないのが現実。
免許証の自主返納を考える前に、この模擬テストを試してみましょう。
 

75歳以上の高齢者にもわかりやすく解説します75歳以上の高齢者にもわかりやすく解説します

 

実際の検査問題を完全網羅実際の検査問題を完全網羅

 

■目次
認知機能検査とは
臨時認知機能検査の対象になる違反行為18
75歳以上のドライバーの免許更新までの流れ
認知機能検査の概要と解説
本書(模擬検査)の使い方
認知機能検査模擬テスト①
認知機能検査模擬テスト②
認知機能検査模擬テスト③
認知機能検査模擬テスト④
答え
判定方法と分類

■新刊概要


『運転免許認知機能検査模擬テスト』
扶桑社ムック
発売:2019年9月13日
定価 :540円(本体500円+税)
判型&体裁:四六判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-61458-4

■購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594614582/

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16030208/

■本書の内容、著者への取材などについては
下記連絡先へお気軽にお問い合わせください!
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
TEL 03-6368-8863
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社扶桑社 >
  3. 運転免許証の自主返納を考える前に、4つの「運転免許認知機能模擬テスト」を受けてみよう