アスクル、IR優良企業賞2022において「“共感!”IR賞」に選定

 アスクル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:吉岡晃、以下「アスクル」)は このたび、一般社団法人日本IR協議会が主催する「IR優良企業賞2022」において「“共感!”IR賞」に選定されました。
■ 「“共感!IR賞」とは

 「“共感!”IR賞」は、IR優良企業賞の開催25回目を機に2020年に新設された賞です。「IR優良企業賞」に応募した企業の視点を「投票」によって反映させ、積極的なIR活動を共有し、IRのベストプラクティスの実現を目的としたものです。
 2022年は「ステークホルダーと協働するIR活動」をテーマに、応募企業207社が特に共有したい自社のIR活動の内容をエントリーし、その中から共感できる取組みへの相互投票を実施した結果、アスクルを含む企業20社が「“共感!”IR賞」として選定されました。
 詳細は、一般社団法人日本IR協議会のホームページをご参照ください。
 https://www.jira.or.jp/activity/bluechip.html

評価されたアスクルのIRの取組み
 アスクルでは、IR部門が投資家やアナリストの皆様からいただくご意見・ご質問を経営陣とタイムリーに共有し、企業価値向上へ活かすことに継続的に取り組んでおりますが、経営陣と共有した内容について社員向けにもウェビナーによる説明や質疑応答を実施しています。同ウェビナーは、中期経営計画など会社が進むべき方向への社員の理解を深め、社員各自が業務において何に取組むべきか考える機会となっています。また、同ウェビナーの取組みは、社員が株式市場への理解のみならずIR活動への理解を促進する機会にもなっています。

 アスクルはこれからも、投資家をはじめとする様々なステークホルダーの皆さまとのリレーションで得られたものを中長期的な企業価値向上につなげられるよう、IRの質的向上に努めてまいります。

※本リリースに掲載の情報は発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますのでご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アスクル株式会社 >
  3. アスクル、IR優良企業賞2022において「“共感!”IR賞」に選定