【国立映画アーカイブ】上映企画「没後40年 映画監督 五所平之助」開催のお知らせ

日本映画の名匠・五所平之助の大回顧上映


 国立映画アーカイブでは、日本映画史に大きな足跡を残した五所平之助の没後40年を記念して、10月19日(土)より約5週間にわたり大回顧上映を開催いたします。
五所平之助(1902-1981)は、1925年に松竹蒲田で監督デビューし、ホームドラマを多作して島津保次郎、牛原虚彦、小津安二郎らとともに“蒲田調”を確立して活躍し、日本初の本格的トーキー作品『マダムと女房』(1931)を成功させました。戦後は東宝で『今ひとたびの』(1947)をヒットさせ、自ら興したスタヂオ・エイト・プロによる『煙突の見える場所』(1953)はベルリン国際映画祭でも高く評価され、その後も歌舞伎座プロや松竹などにて女性映画の秀作を作り続けました。日常の細やかな描写を通して感情を掬いあげ、人生の矛盾や葛藤を見つめた抒情性あふれる名作を数多く残しています。さらに普段の情景に潜んでいる極限的なエモーションを捉えることにも挑みました。
本特集では、旧フィルムセンターでの1974年の回顧特集の後に収蔵した作品も含め、戦前・戦中期の貴重な現存作品から晩年の意欲作まで、厳選した監督作36本および五所の姿をとらえた3本(計33プログラム)を上映します。
 
  • 五所平之助 プロフィール
1902年東京生まれ。1923年に松竹蒲田撮影所に入り島津保次郎に師事(前年に清水宏、同年に小津安二郎も入社)。1925年『南島の春』で監督デビューし、『村の花嫁』(1928)などで高く評価され、国産初のトーキー劇映画『マダムと女房』(1931)を演出。1941年に松竹退社後、大映と東宝を経て、1951年にスタヂオ・エイト・プロを興す。1950年代後半以降は、歌舞伎座プロおよび松竹にて文芸メロドラマなどを手掛けた。1964年に日本映画監督協会理事長に就任し、1980年まで務めた。サイレント映画期の1920年代から40年以上の長いキャリアを通じて監督作品は約100本。1981年79歳で死去。
 
  • みどころ
貴重な戦前・戦中期作品も含め、戦後や晩年の意欲作まで、33プログラムによる大回顧上映
現存する最古の作品『マダムと女房』(1931)はじめ、遺作『わが街三島 1977年の証言』(1977)や、代表作『煙突の見える場所』(1953)、その他にもソフトや配信では見られない貴重な作品も上映。バラエティ豊かな名匠の作風をご堪能ください。

▶戦前の小市民喜劇や下町を舞台にした人情劇
『マダムと女房』(1931)『朧夜の女』(1936)『花籠の歌』(1937)など、時代風俗を背景に人情を描いた名作
▶戦後、様々な人生の機微を綴った抒情的ドラマ
『わかれ雲』(1951)『煙突の見える場所』(1953)『大阪の宿』(1954)など、人々の悲喜こもごもを綴った代表的作品群
▶複雑な愛憎を掘り下げた見応えある文芸メロドラマ
井上靖原作による愛の三部作『わが愛』(1960)『白い牙』(1960)『猟銃』(1961)など、円熟期の作品
▶情念のダークサイドを描いた異色作
『愛と死の谷間』(1954)『雲がちぎれる時』(1961)『恐山の女』(1965)など、情念に翻弄される男女を描いた作品

女性映画の名手として、田中絹代、久我美子、有馬稲子、倍賞千恵子といった女優たちを育て輝かせた
五所平之助監督は女優の演出に長け、田中絹代をトーキー時代のスターとしても輝かせた『マダムと女房』(1931)や中年期の名篇『煙突の見える場所』(1953)、久我美子の魅力を引き出した『挽歌』(1957)、有馬稲子がひたむきな女性像を好演した『わが愛』(1960)、倍賞千恵子がフレッシュな『雲がちぎれる時』(1961)など、多くの女優たちを磨き輝かせました。

時代の最先端をゆき日本映画を牽引しつづけた名匠
日本初の本格的トーキー作品『マダムと女房』(1931)はじめ、川端康成の同名小説を初めて映画化した『戀の花咲く 伊豆の踊子』(1933)、戦後復興期に本格的メロドラマとして大ヒットした『今ひとたびの』(1947)、そして、ベルリン映画祭で高く評価されて黒澤明『羅生門』(1950)溝口健二『雨月物語』(1953)などと並んで日本映画の国際的評価を高めた『煙突の見える場所』(1953)など、日本映画史に重要な功績を残しています。戦後に独立プロ「スタヂオ・エイト・プロ」を立ち上げ、自由な製作活動に取り組む監督の先駆けの一人となりました。また、助監督であった渋谷実はじめ多くの後進映画人たちを育てるなど日本映画界に大きな影響を与えています。
 
  • 企画概要
没後40年 映画監督 五所平之助
会期:2021年10月19日(火)-11月23日(火・祝)※月曜休館
会場:国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU[2階]
定員:310名(各回入替制・全席指定席)
お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
HP:https://www.nfaj.go.jp/exhibition/gosho202109/

前売指定席券 (全席指定席)
*10月12日(火)以降、毎週火曜日10:00amより、チケットぴあにて翌週(火~日)の上映回の前売指定席券を販売します。同じ作品でも上映日によって発売日が異なりますのでご注意ください。[Pコード:551-546]
▷一般:520円/高校・大学生・65歳以上:310円/小・中学生:100円
▷障害者(付添者は原則1名)、キャンパスメンバーズ:無料(手数料のみかかります)
※館内でのチケットの販売・発券はありません。
※障害者ならびに国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズの方も前売指定席券をお求めください。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、変更が生じる可能性があります。最新情報は当館HPを随時ご確認ください。




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文化庁 >
  3. 【国立映画アーカイブ】上映企画「没後40年 映画監督 五所平之助」開催のお知らせ