全物件種別で投資用不動産価格が上昇

不動産投資サイト「楽待」(https://www.rakumachi.jp)を運営する株式会社ファーストロジック(東京都千代田区、東証一部上場)は、同サイトにおける投資用不動産市場調査10~12月期の結果を公表いたします。
(調査期間:2018年10月1日~同年12月31日、対象:期間中に「楽待」に新規掲載された全国の物件)

■レポート概要
一棟アパート、一棟マンションの価格は2018年10月、11月と下落が続いていましたが、12月にはいずれの物件種別でも上昇しました。また、区分マンション価格は10月に下落しましたが、その後11月、12月と2カ月連続で上昇しています。

利回りについては、全ての物件種別で価格の上昇に応じて下落がみられました。3カ月間のそれぞれの利回り下落は一棟アパートで-0.35ポイント、一棟マンションで-0.19ポイント、区分マンションで-0.27ポイントでした。

▼プレスリリース資料▼
https://www.firstlogic.co.jp/wp-content/uploads/2018/10/firstlogic_press_20190115.pdf

 

 

■ファーストロジック会社概要
社名:株式会社ファーストロジック(証券コード:6037)
所在地:東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー 33階
設立:2005年8月23日
楽待URL:http://www.rakumachi.jp
会社URL:https://www.firstlogic.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファーストロジック >
  3. 全物件種別で投資用不動産価格が上昇