2018年夏の3大ECセールで、利用率1位は「楽天スーパーセール」

『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年8月度)』

~若年層の満足度が最も高かったECセールは「Amazon Prime Day」~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年8月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全106ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。


【調査結果の概要】                                                        
                                        
■今夏の3大ECセールで、利用率1位は「楽天スーパーSALE」
EC利用経験者に、2018年6月14日から8月26日までの間に実施されたECセールのうち、実際に商品を購入したECセールを聞いたところ、最も多くの人から挙がったのは「楽天スーパーSALE」(38.1%)、次いで「Amazon Prime Day」(28.8%)、「Yahoo!ショッピング プレミアム会員感謝デー」(21.7%)でした。
年代別に見てみると、最も利用されたECセールは10代、30代、40代、50代、60代ともに「楽天スーパーSALE」でしたが(10代:40.0%、30代:38.9%、40代:41.1%、50代:36.5%、60代:44.0%)、20代は「Amazon Prime Day」(36.0%)でした。
※複数回答あり。

■若年層の満足度が最も高かった今夏のECセールは「Amazon Prime Day」
今夏のECセールのなかで、最も満足度が高かったと一番多くの人が挙げたECセールは「楽天スーパーSALE」(43.1%)、次いで「Amazon Prime Day」(33.7%)、「Yahoo!ショッピング プレミアム会員感謝デー」(16.6%)でした。
年代別に見てみると、最も満足度が高かったECセールとして、10代、20代は「Amazon Prime Day」を挙げたのに対し(10代:50.0%、20代:41.2%)、30代、40代、50代、60代は「楽天スーパーSALE」を挙げました(30代:47.1%、40代:46.2%、50代:47.1%、60代:46.9%)。

■今夏のECセールで、最もお金を使ったのは「楽天スーパーSALE」
今夏、最も購入金額が大きくなったECセールを聞いたところ、「楽天スーパーSALE」(49.1%)を挙げた人が一番多く、次いで「Amazon Prime Day」(34.6%)、「Yahoo!ショッピング プレミアム会員感謝デー」(16.3%)でした。

■コンビニエンスストアで、購入商品を受け取った経験がある人は、3割
ECで購入した商品の受け取りに利用したことがある方法を聞いたところ、「自宅での受け取り」を挙げた人が最も多く(74.0%)、次いで「コンビニエンスストア」(32.3%)、「自宅の宅配ロッカー」(20.9%)でした。
※複数回答あり。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. 2018年夏の3大ECセールで、利用率1位は「楽天スーパーセール」