新潟から東京へ 少し早い春をお届け

JR東京駅「グランスタ東京」にて新潟市産のチューリップを展示

1月30日(土)まで、JR東京駅構内「グランスタ東京」銀の鈴エリアにおいて新潟市産のチューリップ100本の展示を実施中です。
国内外で花店を展開する「青山フラワーマーケット」(運営元:株式会社パーク・コーポレーション)とJR東日本グループの株式会社鉄道会館が連携し、新潟産のチューリップを新幹線で輸送し、JR東京駅構内の青山フラワーマーケット・グランスタ東京店にて販売しています。

これに合わせて、新潟市では、新型コロナウイルスの影響により閉塞感が漂う中、新潟産のチューリップで癒しと元気をお届けしたいと、東京駅を利用する方々に新潟産のチューリップの魅力を伝えるPR展示を実施しています。

展示イメージ展示イメージ

チューリップの切り花は新潟県が全国1位の生産量を誇りますが、その中でも新潟市は随一のチューリップ産地で、県内出荷量の6割以上を占めています。
チューリップと言えば春のイメージですが、切り花はこれからが出荷の最盛期。色とりどりの品種がお花屋さんに並びんでいます。
自宅時間が増える中、新潟のチューリップをお部屋に飾って、少し早い春を感じてみませんか。

イベントポスターイベントポスター



○開催日時・場所
【期間】2021年1月28日(木)~30日(土)
【場所】JR東京駅「グランスタ東京」銀の鈴エリア
【展示本数】チューリップ100本

■主催/新潟市
■協力/株式会社鉄道会館・青山フラワーマーケット グランスタ東京店・株式会社ジェイアール東日本企画新潟支社

○お問い合わせ
新潟市農林水産部 食と花の推進課
TEL:025-226-1864
E-mail:shokuhana@city.niigata.lg.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新潟市 >
  3. 新潟から東京へ 少し早い春をお届け