海外でのテレワーク制度「ワーケーション・ハワイ」を社内で導入し、働き方改革を推進します。

株式会社JTB(東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行)は、社内での働き方改革における新たなワークスタイルの提案として、JTBとして初となる海外でのテレワーク制度「ワーケーション・ハワイ」を導入いたします。
 JTBはこれまで、働き方改革の一環として在宅勤務やモバイルワークなど、社員がより柔軟に働くことができる環境づくりに取り組んで参りました。この度、働き方改革関連法が4月から順次施行されることなどを受けて、年次有給休暇の取得促進や長期休暇によるワークライフバランスの充実などを目的に、社員が休日や休暇を利用して訪れたハワイでテレワークを行う制度として「ワーケーション・ハワイ」を4月1日から導入いたします。

 JTBで初となる海外でのテレワークを、トライアルとして社長の髙橋が自ら体験してきました。
ハワイのテレワークスペースは、青く広がるワイキキの海が窓から一望でき、開放的な空間の中で仕事ができます。実際に体験した者からは、「普段と違う環境で、いいアイデアが浮かびそうだ」「ストレスなくパソコンが遠隔操作できた」という感想でした。

 

ハワイでのテレワークを体験する髙橋ハワイでのテレワークを体験する髙橋

スノーピークビジネスソリューションズが                       提供するキャンピングオフィススノーピークビジネスソリューションズが                       提供するキャンピングオフィス


JTBでは、社員の活躍機会の拡大や生産性向上などに向けて、今後もテレワークや在宅勤務をはじめとした柔軟な働き方の取組みなどの働き方改革を推進して参ります。

【実施概要】
名  称:「ワーケーション・ハワイ」
実施期間:2019年4月1日から2020年3月31日まで
対象者:㈱JTBのオフィスに勤務する社員
実施方法:休日や休暇を利用してハワイに滞在する社員が、JTB Hawaii Travel,LLCに設置した専用スペースにおいてテレワークを行う。

※「ワーケーション(Workation)」とは、仕事(work)と休暇(vacation)を組み合わせた造語で、企業が社員に対して休暇中でも一時的に仕事をすることを認める制度や、旅を楽しみながら仕事をするようなワークスタイルのことです。日常とは異なる環境で仕事を行うことはアイデアを生み、モチベーションアップに効果的と言われています。「旅先で仕事をする」というスタイルを確立することで、長期の滞在も可能となり、企業にとっても年次有給休暇の取得促進やワークライフバランスの充実などが期待できます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. 海外でのテレワーク制度「ワーケーション・ハワイ」を社内で導入し、働き方改革を推進します。