帰ってきたニャ!AERAが〝ネコ化〟した「NyAERA(ニャエラ)またたび」発売!

すべてのネコと、ネコを愛するヒトのために。発売は12月21日。

ニュース週刊誌「AERA」(朝日新聞出版、東京都中央区築地)は12月21日、増刊『NyAERA(にゃえら) またたび』を発売します。AERAの体裁そのままに、まるごと一冊ネコニュースに特化し好評だった『NyAERA』(2016年12月発売)の第2弾。AERA「ねこ部」の総力取材で、さらにパワーアップして帰ってきました!

表紙はネコ好き界の巨星、動物写真家・岩合光昭さんの〝長女〟海(かい)ちゃんと、姉妹ネコの類(るい)ちゃん。海ちゃんは、岩合さん夫妻が最初に迎えたネコであり、岩合さんがネコを撮るきっかけともなった伝説のネコです。姉妹が幼いころの貴重な岩合さん秘蔵カットは問答無用の〝可愛いオーラ〟を放っています。

全編のテーマは「ネコのためにできること」。NyAERA第1弾で特報した「ネコの寿命が30歳に」の続報として、腎臓病特効薬の最新情報、ネコの鍼灸など東洋医学、ネコにもあるアレルギー、気をつけたい飼い主の生活習慣など、愛猫の健康を守り、1日でも長く、一緒に暮らすためにできることを総力取材しました。

巻頭グラビアでは〝もぎり猫〟ジロリ、夢二郷土美術館の黑の助、障子クライマーのサバ身とトラ身ら、キラ羅星の如く輝くネコ界の新ニャンコスターも目白押し。

第1弾でも大好評だったAERAの企画「現代の肖像」のネコ版「現代のニャン像」では、芥川賞作家・町田康さんがご登場。ネコ好きなら一度は手にする町田さんの著作『猫にかまけて』の世界観にどっぷり浸かってください。

インタビュー陣も豪華です。15匹のネコと育ったという吉岡里帆さん、AKBのネコブームを牽引した高橋みなみさん、俳優の嶋田久作さんらがあふれる猫愛をほとばしらせ、夏目漱石の孫・半藤末利子さんが「吾輩」を語り、石破茂・元防衛大臣には「政界で一番ネコに好かれてる説は本当か!?」を突撃取材。AERAの人気連載「eys」「師匠と弟子」「アエラ読書部」なども軒並み完全〝ネコ化〟。執筆陣の愛猫家ぶりもお楽しみください。

アタマからシッポまで、さらにどっぷり「ネコ」まみれ。ネコ好きの方への贈り物にも喜ばれる1冊をお届けします!

NyAERA (ニャエラ) またたび(AERA増刊) 
発売:12月21日(木) ※一部地域で発売日が異なります
定価:780円(税込み)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0776981W1/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 帰ってきたニャ!AERAが〝ネコ化〟した「NyAERA(ニャエラ)またたび」発売!