タイヤ市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見通し

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「タイヤ市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測 (2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月30日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc988450-tire-market-global-industry-trends-share-size.html
市場の概要
タイヤ市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間、約4%のCAGRで成長すると予想されています。

タイヤは、自動車産業の重要な構成要素です。タイヤは、車両と路面の間にトラクションを与えるとともに、衝撃を吸収する柔軟なクッションの役割を果たします。タイヤは、天然ゴムや合成ゴム、カーボンブラック、ポリエステル、レーヨン、スチール、シリカ、加硫促進剤など、さまざまな素材を使って製造されています。現在、世界市場では様々な種類のタイヤが販売されており、様々な種類の自動車の要求に対応しています。
 


市場の動向及び成長要因
世界のタイヤ需要を牽引している主な要因の一つは、特に新興国で加速している乗用車の販売です。タイヤは、車両の重量を支え、加速力や制動力を地面に伝え、方向を変えたり維持したり、路面からの衝撃を吸収するなど、様々な機能を果たし、車両の全体的な性能向上に貢献しています。また、先進国と発展途上国の両方でインフラ整備が進んでいることから、建設車両の需要が高まっており、それに伴ってタイヤの売上も増加すると予想されています。これに加えて、主要企業は、エコロジータイヤ、フラットランタイヤ、窒素ベースタイヤなど、環境に優しい先進的な製品の開発に取り組んでいます。例えば、世界最大のタイヤ・ゴムメーカーである株式会社ブリヂストンは、優れた燃費性能と高い空気圧でタイヤの変形を大幅に緩和する次世代低燃費タイヤ技術を発表しました。また、従来のタイヤとは異なり、タイヤがパンクしても強化されたサイドウォールを使って車両の重量を支え続けます。

主要な市場区分
世界のタイヤ市場は、デザイン、最終用途、車両タイプ、流通チャネル、シーズン、地域に基づいて分類されています。

デザイン別では、ラジアルタイヤとバイアスタイヤに分類されています。現在、世界の市場ではラジアルタイヤが主流となっています。

最終用途別では、OEMと交換用タイヤに分けられています。現在では、交換用タイヤが市場の大半を占めています。

車両タイプ別では、乗用車が最大のシェアを占めています。その他の主な車種は、小型商用車、中型および大型商用車、二輪車、三輪車、オフロード(OTR)車などです。

流通チャネル別では、オンラインとオフラインに分類されています。現在、タイヤは主にオフラインチャネルで流通しています。

シーズン別では、 オールシーズンタイヤ、冬タイヤ、夏タイヤに分けられています。その中でも、オールシーズンタイヤが圧倒的なシェアを誇っています。

地域別では、アジア太平洋地域が市場の主導権を握っています。さらに、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、インドネシアに分類されています。その他の主な地域は、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、その他)、北米(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、チリ、ペルー、その他)、中東・アフリカ(トルコ、サウジアラビア、イラン、アラブ首長国連邦、その他)となっています。

市場の競合状況
世界のタイヤ市場における主要な企業としては、Michelin、Bridgestone、Continental、Goodyear、Sumitomo、Pirelli、Yokohama、Hankook、Toyo、Kumhoなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988450-tire-market-global-industry-trends-share-size.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. タイヤ市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見通し