ブライダル総研 婚活実態調査2020

◎婚活サービスを通じて結婚した割合は、13.0%で2年連続過去最高を更新。独身者(※)の約4人に1人が婚活サービス利用経験があり、出会いの手法の一つとして定着しつつある ※恋愛・結婚意向のある独身者

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長 柏村 美生)が運営するリクルートブライダル総研では、婚活の実態について詳細を把握するために、「婚活実態調査2020」を実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

<婚活サービスを通じて結婚した人の状況>
婚活サービスを通じて結婚した割合が2年連続過去最高を更新。利用者の成婚率も高まっている

・2019年婚姻者のうち、婚活サービスを通じて結婚した人は13.0%で2年連続過去最高を更新。特にネット系婚活サービスを通じて結婚した割合が高い。
・2019年婚姻者のうち、婚活サービスを利用していた人は30.4%。婚活サービス利用者においては、42.8%が結婚に至っており、その割合は過去最高に。

<恋愛・結婚意向のある独身者の婚活サービス利用経験状況>
恋愛・結婚意向のある独身者の4人に1人が婚活サービス利用経験があり、増加傾向。特にネット系婚活サービスの利用経験率が一層高まり、出会いの手法の一つとして定着しつつある
・恋愛もしくは結婚意向がある恋人のいない独身者において、婚活サービス利用経験割合は25.5%と約4人に1人が婚活サービスの利用経験があり、3年連続で増加(2017年15.6%→2018年18.1%→2019年23.5%)。いずれの性年代においても利用経験割合が増加している。
・婚活サービスごとに利用経験割合をみると、ネット系婚活サービスの増加が著しく、婚活サービス全体を底上げしている。
・婚活サービスごとに性年代別の利用経験割合をみると、男女ともにすべての年代でネット系婚活サービスの利用経験率が増加傾向。


◎別途、「婚活実態調査2020~新型コロナウイルス感染症影響調査篇~」を同時に発表しておりますので合わせてご覧ください。
◎「婚活実態調査2020」の詳細は、弊社『ブライダル総研』サイト(http://bridal-souken.net/)より、ダウンロードいただけます。


【調査概要】
■2020年調査(2019年のデータ) 1次調査
【調査方法】インターネットによるアンケート調査
【調査期間】2020年5月15日(金)~2020年5月19日(火)
【調査対象】全国の20~49歳の男女
【有効サンプル数】50,000サンプル
(調査にて120,000サンプルを回収し、その中から平成27年度国勢調査をもとに、未既婚×性別×年代(5歳刻み)24セルの人口構成比に合わせて50,000サンプルを抽出した)

■2020年調査 2次調査
【調査方法】インターネットによるアンケート調査
【調査期間】2020年5月22日(金)~2020年5月24日(日)
【調査対象】<共通条件>
全国の20~49歳の男女で現在独身者(1次調査回答者)
※独身者とは、結婚経験のない未婚者および結婚経験のある(死別・離別の)現在未婚者
<個別条件>
・婚活サービス利用者(現在利用者・過去利用者):直近3年以内に婚活サービスを利用したことがある人
・婚活サービス非利用者:婚活サービスを利用したことがなく、「恋愛意向」もしくは「結婚意向」がある人
【有効サンプル数】 2,400サンプル
本調査では、婚活サービス利用有無・性別・年代・未婚状況別に定数にてサンプルを回収し、集計の際に、実際の婚活サービス利用有無(1次調査)、性別・年代・未婚状況別の人口構成(平成27年総務省統計局国勢調査)に合わせるために、サンプルに重みづけをおこなった(ウェイトバック集計)
ウェイトバックに使用した補正値は、1次調査を用いて各セルの出現率をもとに算出した

※ウェイトバックによる補正をおこなっているため、補正後サンプル数に小数点が発生していますが、四捨五入して整数表記をしています。そのため、サンプル数の合計と誤差が生じておりますが、ご了承ください。 人口構成比算出元データ 平成27年総務省統計局国勢調査より


■2020年調査 3次調査
【調査方法】インターネットによるアンケート調査
【調査期間】2020年7月14日(火)~2020年7月20日(月)
【調査対象】<共通条件>
全国の20~49歳の男女で現在独身者(2次調査回答者)
※独身者とは、結婚経験のない未婚者および結婚経験のある(死別・離別の)現在未婚者
2次調査回答者のうち、下記の個別条件にあてはまる人を対象した
<個別条件>
・継続利用:2020年2月以前から婚活サービスを利用していて、現在も利用している人
・コロナ期婚活サービス新規利用:2020年3月~5月に婚活サービスの利用を開始し、現在も利用している人
・コロナ期婚活サービス中止:2020年3月~5月に婚活サービスの利用を中止した人
※現在利用とは、2次調査回答時点での利用状況
・婚活サービス非利用者:婚活サービスを利用したことがなく、「恋愛意向」もしくは「結婚意向」がある人
【有効サンプル数】 517サンプル

※3次調査は、2次調査対象者のうち個別条件にあてはまる人を抽出し、そのうち回答があった人で構成されている
※ウェイトバック集計はおこなっていない

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ >
  3. ブライダル総研 婚活実態調査2020