ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」全国の花火大会開催をふるさと納税で支援

~地域課題解決の資金を募る「ガバメントクラウドファンディング®」活用、お礼の品に花火大会継続への協賛金も~

 夏の風物詩の一つ花火大会。近年、資金難で継続が危ぶまれる花火大会が相次ぐ中、自治体がふるさと納税で支援する動きが広がっています。当社提供のふるさと納税で地域課題解決の資金を募る仕組み「ガバメントクラウドファンディング®(GCF®)」(https://www.furusato-tax.jp/gcf/) では、2015年以降に花火大会への使い道で計14プロジェクトが立ち上がりました。そのうち、現在は山梨県市川三郷町と埼玉県鴻巣市が寄附を受け付けています。他にも、花火大会の協賛金や有料観覧席をお礼の品にするなど、自治体が地域の伝統行事を守るために創意工夫を凝らしています。

■​埼玉県鴻巣市(GCF)
メキシコ花火「カスティージョ」とコラボした関東初の花火大会に

埼玉県とメキシコ州姉妹提携40周年を記念し、メキシコ独自の花火を打ち上げ予定。技術交流を通じて、メキシコの花火製造の安全管理や職人の地位向上も目指す。寄附者には当日、メッセージ付き花火打ち上げのお礼の品もある。
募集期間:2019年7月1日~2019年9月30日
目標額:1,000,000円
使い道:10月12日(土)こうのす花火大会でのカスティージョ実施費
https://www.furusato-tax.jp/gcf/571


■山梨県市川三郷町(GCF)
日本三大花火の市川花火を世界に誇れる花火大会へ

近隣県にとどまる観客を国内外に広げるため、江戸期に三大花火に数えられた「市川花火」のグランドフィナーレ打ち上げを支援。お礼の品には、寄附者のために花火4発を打ち上げる「アニバーサリー花火」がある。
寄附受付期間:2019年5月31日~2019年7月31日
目標額:1,000,000円(達成!)
使い道:グランドフィナーレ花火打上げ費の一部
https://www.furusato-tax.jp/gcf/552


■福岡県小郡市
伝統の花火大会継続への協賛金

小郡市の花火大会「夢HANABI」は利益追求を目的とせず、地元青年会議所の若者が主催。会場設営費や警備費は企業からの協賛金で賄っているが、年々協賛金が減少し、今後の開催が危ぶまれている。ふるさと納税で全国の個人からの寄附も募り、伝統行事の継承を目指す。寄附者には特別観覧席を用意。
※2019年8月10日開催
寄附額:17,000円~
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/40216/4450750


●「ふるさとチョイス」花火大会特集ページ~チョイスで人気の花火大会4選~
https://www.furusato-tax.jp/feature/a/series_fireworks
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トラストバンク >
  3. ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」全国の花火大会開催をふるさと納税で支援