プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

豊中市
会社概要

家電利用データで介護の質向上 電力センサーを用いた居宅内モニタリング実証事業を実施

豊中市

豊中市は、株式会社ウェルモとの協定に基づき、東京電力パワーグリット株式会社と株式会社ウェルモが共同開発中の「居宅内モニタリングシステム」を活用した 実証事業を実施しています。この取り組みが介護の質や生産性向上に寄与するかについて、令和5年度(予定)にかけて検証を行います。本事業は国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED) ロボット介護機器開発等推進事業の支援を受けています。
  • 居宅内モニタリングシステム実証事業の概要
◇居宅内モニタリングシステムとは(東京電力パワーグリッド株式会社と株式会社ウェルモが共同開発中)
独居高齢者の居宅内に電力センサー等を設置。家電を利用する際の電力データを基にAI技術を用いて高齢者の生活行動を推定し、その生活リズムを可視化。生活リズムが逸脱したときのアドバイスや定期レポートで、日々の生活をサポートするシステム。

本事業では、介護サービスを利用していない見えない時間帯に高齢者の生活リズムを把握することで、生活リズムに変化が起きた際に介護事業者に注意を促し早期に適切な介護ケアを行える環境を整備するほか、あらかじめ設定した居室内の温度設定を上回ったときにご家族等に通知を行います。

実施期間
1年6か月 ※開始時期は、事業所により異なります。

実証実験の対象
豊中市内の要支援・要介護認定の一人暮らしの高齢者で、協力事業所を通じ、下記の介護サービスを利用している人
・定期巡回・随時対応型訪問介護看護
・小規模多機能型居宅介護
・居宅介護支援

協力事業所事業所) 令和4年(2022年)104日現在

事業所名 ※順不同
・ウエルケアプランセンター

・有限会社豊中介護支援センター
・小曽根介護支援センター
・ケアプランセンターおもいやり
・小規模多機能ホーム 淳風ふたば
・ティーズスタイル
・Wanwan


実証実験で使用するセンサー







 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
その他
ビジネスカテゴリ
政治・官公庁・地方自治体
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

豊中市

21フォロワー

RSS
URL
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/
業種
官公庁・地方自治体
本社所在地
大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話番号
06-6858-5050
代表者名
長内繁樹
上場
-
資本金
-
設立
1936年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード