桐生信用金庫とNTT東日本 群馬支店が連携協定を締結 ~ ICTをもっと身近に、地域の皆さまの課題解決とチャレンジを応援 ~

桐生信用金庫(代表理事:津久井 真澄)と東日本電信電話株式会社 群馬支店(支店長:橋本 寿太郎、以下「NTT東日本」)は、ICTを活用した地域社会の発展と活性化に向け、多分野において連携および協力するために協定を締結します。
なお、桐生信用金庫としては、情報通信業との協定ならびに地域活性化に関する連携は初であり、あわせてNTT東日本 群馬支店としても、金融機関との連携協定は初の締結となります。
1.背景と目的
2022年6月に閣議決定された「デジタル田園都市国家構想基本方針」では、デジタル技術を「地方の社会課題を解決する鍵」とし、官民一体となって地域社会のDXを強力に支援することが掲げられております。一方で、自治体や地域経済を支える中小企業、個人事業主の多くは、人材・ノウハウ不足などの課題を抱えており、自社の力のみでDXを実現することは難しくなっています。
桐生信用金庫は、お取引先の自治体や中小企業、個人事業主の皆さまに対して資金繰りに関する相談対応・支援を行うだけでなく、お客さまに寄り添いながらともに課題解決を目指す営業スタイルで様々なサポートに取り組んでいます。特に、地域経済における新たな市場や雇用の創出、既存市場の活性化に貢献するため、創業や新事業に取り組む皆さまを強く応援しています。
一方、NTT東日本は、17都道県それぞれに支店を配置し、地域に根差したデジタルサービスの提供やDXを実現するための総合プロデュースを実施し、地域の皆さまのICT活用を支援しています。
このたび、桐生信用金庫が有するきめ細やかな経営コンサルティングの力と、NTT東日本が有するDX実現に向けたノウハウを組み合わせることで、地域の自治体や中小企業、個人事業主の皆さまにとってICTがより身近で実践的な存在となり、皆さまのチャレンジを後押しして地域の活性化に貢献できるよう連携を進めてまいります。

2.各社の役割
桐生信用金庫
・もっとも身近な金融機関として地域社会の発展に貢献すること
・お客さまの資金繰りに関する相談対応、支援

NTT東日本
・自治体や地域企業の課題解決に向けたDX推進のサポート
・カーボンニュートラルや働き方改革等、世の中の変革に対しICT等を活用した地域社会の発展に貢献すること

3.地域社会の発展と活性化に向けた多分野連携のイメージ


両者一体となり、それぞれのノウハウを組み合わせ下記のような取り組みを実施してまいります。

(1) 民間企業のDX推進に関すること。
(2) 自治体のDX推進に関すること。
(3) 地域の活性化に関すること。
(4) その他両者が合意した事項に関すること。

★具体的な取り組み案
・営業同行による地域課題の把握、幅広い課題解決に向けたトータル提案
・ICT活用に関するセミナーの開催
・各種媒体を通じた情報発信(例:季刊誌、SNS、メルマガ) 等

4.協定締結日
2022年9月30日(金)

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

 

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東日本電信電話株式会社 >
  3. 桐生信用金庫とNTT東日本 群馬支店が連携協定を締結 ~ ICTをもっと身近に、地域の皆さまの課題解決とチャレンジを応援 ~