プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

三井住友カード株式会社
会社概要

三井住友カード、現地決済型ふるさと納税で地域活性化を支援

三井住友カード株式会社

三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大西 幸彦、以下「三井住友カード」)は、株式会社ぺいふる(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:大関 将広)が提供する「ぺいふる」のソリューションを通じて、現地決済型ふるさと納税による地方自治体の地域活性化取り組み支援を行います。


  • 「ぺいふる」とは


「ぺいふる」は、店頭などのレジで直接ふるさと納税の寄附を行うことができる対面型ふるさと納税サービスです。現地での支払いで直接ふるさと納税として寄附できるため、事前にアプリをダウンロードしたり、ウェブサイトでのアクセスが必要ありません。また支払いはクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済があれば現地で手軽に利用することができる仕組みです。


ふるさと納税制度は2008年に創設され、生まれた故郷や応援したい自治体を選んで寄附できること、  地元特産の返礼品がもらえること、そして税の控除が受けられることなどが魅力として利用者が拡大しています。 応援したい地域への寄附や返礼品は、地元特産品・寄附先の地域で使える商品券など様々な地域に対して、インターネットサイトなどから申し込むことができます。

今回、三井住友カードは、ぺいふる社と協働し「stera terminal」を活用した新たなスキームを開発しました。道の駅や産直市場での買い物や、宿泊や飲食店などのその地域でのサービスなど、対面での支払いの際に、直接「ふるさと納税」ができる対面型のソリューションを提供いたします。これにより、旅行などで立ち寄った先で、その場で返礼品を手に取ることができるため郵送を待たずに地場の野菜を選んで持ち帰ったり、宿泊などのその地域でのサービスを楽しみながら、ふるさと納税が可能になります。



現在、ふるさと納税利用率は日本全体で12.45%※、そのうちの多くがインターネットからのEC型での申込みです。行動制限が緩和され、人流の復調、活発化が見込まれる今後は、さらに現地での対面型サービスの需要が見込まれ、同時にふるさと納税もEC型だけでなく、現地決済型の利用も今後増えてくると予想されます。※総務省:令和3年度 市町村税課税状況等の調より




  • stera terminalを使った現地決済型ふるさと納税の仕組み


三井住友カードが提供する、オールインワン決済端末「stera terminal」を通じ、各自治体の対面型ふるさと納税の活性化をサポートします。
「stera terminal」に、対面型ふるさと納税サービス「ぺいふる」を導入することで、道の駅や、地域の お店や宿泊施設などの支払いを、ふるさと納税として扱うことができます。訪れた方は、現地でのサービスや地場産のものを、寄附の返礼としてその場で受け取ることができるため、魅力的な街づくりの一つとして活用いただけます。
また、本取り組みにより、郵送が難しい地場産品や、地域サービスがふるさと納税の返礼品の対象にできるようになるなど、各地域経済の活性化にもつながる「ふるさと納税」の新しい形として提供するサービスです。

「stera terminal」は、三井住友カードが提供するオールインワン決済端末で、一台でクレジットカード、電子マネーなど各種キャッシュレス決済が可能です。店舗側の操作も大きな液晶画面で直観的に操作しやすく、 スピーディに決済が完了します。また店舗側とお客さまが直接クレジットカードなどの受け渡しする必要がなく、安心・安全を提供しています。

 詳細についてはこちらをご覧ください https://www.smbc-card.com/kamei/stera/index.jsp

 

  • 店頭での利用イメージ

 

1.お店のレジで「ぺいふる(ふるさと納税)で支払いたい」と伝える。

2.寄附額(商品等の金額を納税金額に割り戻した金額)を確認し、携帯電話番号を入力。

3.番号入力した携帯電話にSMSで本人情報登録フォームのアドレスが届く。1週間以内に、そのフォームに本人情報を入力し、返信。

4. クレジットカード、または電子マネーで決済が完了した後、サービス、または商品(返礼品)を受け取る。

5. 後日、情報登録した住所に「寄附金受領証明書」と「ワンストップ特例申請書」(希望者)が届く。

 
※ぺいふるを利用したふるさと納税の対象は、ぺいふる導入店舗にて販売及び提供をしている地場産品基準を満たす返礼品に限ります。
※ぺいふるの導入にあたっては各自治体との契約が必要となります。
※ふるさと納税は寄附金控除の手続きが必要です。ふるさと納税について詳細は総務省ふるさと納税ポータルサイトなどをご参照ください
※自治体により返礼率や返礼品が異なる場合がございます


 

  • 北海道大空町、対面型ふるさと納税イベント「おおぞらふるさと納税フェア」開催


この度、実証実験後初導入となる、北海道大空町にて対面型ふるさと納税のイベントを実施いたします。大空町の名産であるアスパラガスをはじめとした返礼品をご用意しております。ふるさと納税の説明会や、その場で納税の受付も行っています。

 ・開催日時:2023年6月17日~18日 午前9時~午後4時
・開催場所:道の駅メルヘンの丘めまんべつ


北海道 大空町町長 松川 一正さま コメント
現地決済型ふるさと納税「ぺいふる」が大空町の「メルヘンの丘めまんべつ」と「ノンキーランドひがしもこと」の2つの道の駅に導入されました。北海道で初の導入となるこの「ぺいふる」は、事前のお手続きが不要で、大空町にお越しいただいた方が実際に特産品の数々をご覧になって、その場でふるさと納税を行えるというものです。旅行などで大空町にお越しになられた方にご利用いただくことで、大空町や町自慢の特産品を多くの方に知っていただくきっかけになることを期待しています。

 

そのほか ご利用可能な自治体(2023年6月15日現在)

2022年12月~実証実験より開始済

沖縄県今帰仁村、徳島県鳴門市、富山県氷見市、
 宮崎県美郷町



三井住友カードは、お客さまにより安全で利便性の高い決済手段を提供し、キャッシュレス化の推進に努めるとともに、各自治体と協力し地域活性化に貢献してまいります。


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
クレジットカード・ローン
関連リンク
https://www.smbc-card.com/kamei/stera/index.jsp
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

三井住友カード株式会社

153フォロワー

RSS
URL
https://www.smbc-card.com/index.jsp
業種
金融・保険業
本社所在地
東京都江東区豊洲二丁目2番31号 SMBC豊洲ビル
電話番号
03-6634-1700
代表者名
大西 幸彦
上場
未上場
資本金
340億円
設立
1967年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード