読売新聞社×ジャイアンツの新チーム「G×G(ジー・バイ・ジー)」がRAGE参入。RAGEシャドウバースプロリーグに「読売新聞社」が参戦決定!

~読売巨人軍創立記念日の12月26日にeスポーツチーム「G×G」立ち上げ~

株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が共催し運営する「RAGE」初となるプロリーグとして始動した、本格スマホカードバトル「Shadowverse(シャドウバース)」の国内プロリーグ『RAGE Shadowverse Pro League』に、「読売新聞社」が参入することが決定いたしました。

読売新聞社は、読売巨人軍創立記念日の12月26日に、「GIANTS」ブランドを活用したeスポーツチーム「G×G」(Gaming Team×Tokyo Giants/呼称:ジー・バイ・ジー)を立ち上げ、「RAGE Shadowverse Pro League」からeスポーツに初参戦することとなります。

2019年度シーズンより、RAGE Shadowverse Pro Leagueには6つのプロeスポーツチーム「AXIZ」「au デトネーション」「名古屋OJA ベビースター」「横浜F・マリノス」「よしもとLibalent」「レバンガ☆SAPPORO」に加えて、「G×G」が所属することとなります。

また、現在RAGE運営事務局では2019年度シーズンより参入するチーム・企業を募集しており、詳細につきましてはリーグ公式HP(https://rage-esports.jp/league/sv/news/201812022/)より、ご確認くださいませ。

RAGE Shadowverse Pro Leagueでは企業がスポンサー・運営するプロチーム(※)に所属する3人1組のチーム戦で実施します。また、選手の一般公募実施やリーグに参戦する選手の最低収入(給与)保障を行うといった、これまでにない新しいeスポーツプロリーグとして2018年5月より開幕しています。

各試合の模様は、国内最大級のeスポーツスタジオ「OPENREC STUDIO」で実施し、「AbemaTV」のウルトラゲームスチャンネルならびにOPENREC.tvで全節完全生放送、どなたでも観戦することができます。

リーグ戦を通してスター選手の発掘にこれまで以上に注力し、日本のeスポーツシーンを更に盛り上げていきます。RAGE Shadowverse Pro Leagueはプロ選手として活躍したいという夢を全力支援してまいります。

■チームからのコメント
私たち読売新聞社は、「GIANTS」ブランドを活用することで日本のeスポーツ界とゲーム文化を盛り上げていきたいと思っています。多くの人々に感動とゲームの楽しさをお届けできるような活動を目指していますので、どうぞ応援をよろしくお願いいたします!

RAGE Shadowverse Pro League」開催概要
所属プロチーム:AXIZ、au デトネーション、名古屋OJA ベビースター、横浜F・マリノス、よしもとLibalent、レバンガ☆SAPPORO
放送チャンネル:AbemaTV、OPENREC.tv
公式HP:https://rage-esports.jp/league/
また、2019年1月にプロプレイヤーを希望する選手を対象にした、新チーム説明会を行う予定です。
今後の選考スケジュールや、各チームの募集要項などを説明する場となります。
チーム関係者と直接お話しができる唯一の機会となりますので、
リーグ参加を希望される方は奮ってご応募ください。

■「RAGE Shadowverse Pro League」新チーム説明会
開催日:2019年1月予定
会場: 近日公開予定
募集期間:近日公開予定
結果発表:近日公開予定
参加方法:近日公開予定

※au、おやつカンパニー、サッポロビール、吉本興業は参入チームのオフィシャルパートナーです。日本テレビ傘下のアックスエンターテインメント㈱が「AXIZ」を、読売新聞東京本社が「G×G」を運営します。

RAGEとは
RAGEとは、「新しいスポーツエンターテイメントの創出」を目的に、次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテイメント性を掛け合わせた、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が協業して運営するeスポーツイベントおよび、eスポーツリーグの総称です。
現在RAGEでは、主にオフラインで開催する一般参加型の「イベント」と、プロ選手による競技をオンラインで配信する観戦型の「プロリーグ」、2つのプロジェクトを実施しています。
「イベント」では、複数のジャンルに渡るゲームタイトルが一堂に介し、各タイトルの最強王者を決めるeスポーツ大会のほか、会場限定の大会や新作タイトルの試遊会、アーティストライヴなども実施しています。賞金制で開催したeスポーツ大会はこれまで、「ウイニングイレブン 2017」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、「サーヴァント オブ スローンズ」(株式会社スクウェア・エニックス)、「Shadowverse」(株式会社Cygames)、「ストリートファイターⅤ」(株式会社カプコン)、「Vainglory」(Super EVill Megacorp社)計5タイトル(並びは五十音順)を採用しています。また、非賞金制の大会として「スプラトゥーン2」(任天堂株式会社)や「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」(合同会社DMM GAMES)を採用したイベントも開催しています。国内のトッププレイヤーたちが参加するeスポーツリーグでは、『RAGE Shadowverse Pro League』と『RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM』、2つのリーグを運営しています。

Shadowverseとは
「Shadowverse(シャドウバース)』とは、株式会社Cygamesが開発・運営をおこなう、スマートフォンで遊べるデジタルTCGです。2016年6月の配信開始より順調にユーザー数を増やし、累計ダウンロード数は1600万を突破しています。

AbemaTVとは
「AbemaTV」は、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で、“インターネットテレビ局”として展開する動画配信事業です。オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルをすべて無料で提供。スマートフォンはもちろん、PCのほか、タブレットなど様々な端末で、テレビを観るような感覚で利用することができます。

■「OPENREC.tv」とは
「OPENREC.tv」は、CyberZが運営する、ゲーム実況やオリジナル番組、eスポーツ大会の配信が楽しめる、ゲーム動画プラットフォームです。国内最大級のeスポーツスタジオを完備した「OPENREC STUDIO」を2018年に都内にオープンいたしました。

CyberZについて http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」やゲーム攻略wiki「GAMY」(https://gamy.jp)を運営しており、2015年からeスポーツ大会「RAGE」を日本国内にて運営しております。

■ 会社概要
社名株式会社CyberZ
東京本社東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
代表者代表取締役社長 山内隆裕
事業内容スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業、e-sports事業
URL   http://cyber-z.co.jp/

■ 本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ  広報担当:北村
E-mail: press@cyber-z.co.jp  Tel:03-5459-6276   Fax:03-5428-2318
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CyberZ >
  3. 読売新聞社×ジャイアンツの新チーム「G×G(ジー・バイ・ジー)」がRAGE参入。RAGEシャドウバースプロリーグに「読売新聞社」が参戦決定!