当社初・9種類のヘルシーメニュー搭載 低糖質炊飯メニューで糖質約20%減(※1)「ヘルシーサポート炊飯器5.5合」発売

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、近年の健康の維持・増進意識の高まりに対応するため、通常炊飯と比較して同重量のご飯に含まれる糖質を減らすことが出来る「ヘルシーサポート炊飯器5.5合」(以下、ヘルシーサポート炊飯器)を、2020年8月7日より発売します。全国の家電量販店やホームセンターを中心に販売し、初年度累計5万台の出荷を目指します。

日本国内において、糖尿病患者数は生活習慣と社会環境の変化に伴って急速に増加し(※2)、「糖尿病が強く疑われる者」の割合は男性 18.7%、女性 9.3%に上ります(※3)。こうした社会的背景が一因し、近年は健康の維持・増進への意識が高まっています。

この度、新たに発売する「ヘルシーサポート炊飯器」は、米に水分を多く含ませて炊き上げることで、通常炊飯と比較して、同重量のご飯に含まれる糖質を約20%減らすことが出来ます。また、白米の炊飯だけでなく、当社として初めて全9種類を炊き分けることができるヘルシーメニューを搭載し、様々な穀物を美味しく仕上げることが出来ます。

当社は今後も生活者の暮らしに密着した商品開発を行い、快適な生活の実現に貢献していきます。

※1:「通常炊飯」と「低糖質炊飯メニュー(20%カットモード)」で炊いた同重量のご飯に含まれる糖質の量を比較した場合。
※2:厚生労働省「健康日本21(糖尿病)」より抜粋。
※3:厚生労働省「平成 30 年 国民健康・栄養調査結果の概要」より抜粋。


■「ヘルシーサポート炊飯器」商品特長
1. 通常炊飯のご飯と比較して糖質が約20%減
2. 当社初!全9種類のヘルシーメニュー



1.通常炊飯のご飯と比較して糖質が約20%減
「ヘルシーサポート炊飯器」の低糖質炊飯メニューは、通常の炊飯器で炊いたご飯より水分を多く保持させることで、同重量のご飯に含まれる糖質を約20%減らすことが出来ます。重量に対して減らす糖質の割合は、“糖質カットとおいしさを求める方向け”の「10%カットモード」、“しっかりと糖質カットをしたい方向け”の「20%カットモード」からお好みで選択出来ます(※4)。

※4: 通常炊飯のご飯と同重量を比較した場合、「20%カットモード」で糖質量を約25%カット、「10%カットモード」で約18.5%カット出来ます。
 
「低糖質炊飯メニュー」のメカニズム


※「低糖質メニュー(20%カットモード)」で炊いたご飯を、茶碗1杯(150g)一日3食365日食べた場合、通常炊飯と同量のご飯を食べた時と比較して、1年間で茶碗約273杯分の糖質をカット出来ます。



2. 当社初!全9種類のヘルシーメニュー
当社の炊飯器シリーズで初めて、全9種類の「ヘルシーメニュー」を搭載しました。低糖質炊飯のほか、もち麦、玄米など全9種類のヘルシーメニューから炊き分けられるため、健康志向の方だけでなく、家族の好みに合わせて楽しむことが出来ます。また、炊飯メニューも8種類から選ぶことが出来ます。好みや料理に合わせて無理なく生活に取り入れ、健康を意識しながら食生活を楽しむことが出来ます。

豊富なヘルシーメニュー
 

※ヘルシーサポート炊飯器一台で栄養価の高い穀物を手軽に炊くことが出来ます。


■その他の特長


・釜を上下から包み込むように一気に加熱することで、ムラなくお米の芯までふっくらと炊き上げます。
・極厚火釜で、通常炊飯のご飯や煮込み料理も美味しく仕上がります。
・炊飯容量はしっかり炊ける5.5合なので、家族全員で美味しいご飯を楽しむことが出来ます。



■商品仕様
 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. 当社初・9種類のヘルシーメニュー搭載 低糖質炊飯メニューで糖質約20%減(※1)「ヘルシーサポート炊飯器5.5合」発売