さらに生ゴミ処理機を買いやすく!生ごみ処理機の購入に役立つ、生ゴミ処理機助成金制度検索ページを作成

~お得に購入して、お家からエコライフを始めよう~

鑫三海株式会社(本社:大阪府堺市堺区、代表取締役:伴場 義通)は、2021年10月7日(木)より、応援購入サービスMakuakeにて、生ゴミ処理機「zepan e-Bin」の先行販売を開始。生ごみ処理機の購入を検討中のみなさまのお役に立てるよう、自社ホームページに生ゴミ処理機助成金制度検索ページを公開しました。
検索ページ→https://www.sinsankai.co.jp/namagomisyoriki-zyoseikin/

生ゴミの減量化によってCO2排出量が削減できることから、全国の自治体の多くでは生ごみ処理機の購入に助成金制度を設けており、購入金額の50%~90%の補助が出る場合があります。
この度、鑫三海株式会社は生ゴミ処理機「zepan e-Bin」の先行販売に伴い、さらに皆さまに助成金について調べやすくなるよう、各自治体ホームページの助成金紹介ページに直接アクセスいただけるサイトを作成いたしました。
本ページをご活用いただき、生ゴミ処理機をお得に手に入れて、エコライフを始めましょう!
検索ページ→https://www.sinsankai.co.jp/namagomisyoriki-zyoseikin/
 
  • スマート生ゴミ処理機「zepan e-Bin」

AFUストアはこれまで多くの海外メーカーから日本での独占販売権を得て、日本の皆さまにお届けできるよう努めてまいりました。「お客様が満足できる製品を自社で」という想いから昨年「zepan」を立ち上げましたが、今回初の試みとして生ゴミ処理機「e-Bin」を販売する運びとなりました。ご家庭で出た生ゴミを最短1.5時間で最大90%減量することで地球への負荷を減らすことができ、自然を大切にして共存してゆく未来につながる第一歩として皆様に本製品をお届けします。
 

操作は、生ゴミを入れてボタンを押すだけ。最大2Lの量の生ゴミを、最短1.5時間、平均4時間で処理します。最大で90%以上体積を縮小可能なので、ゴミ袋の量も減らせてとても経済的です。

 

処理後は、UVライト照射で除菌します。処理後も自動で稼働と停止を繰り返すので、内部を常に清潔に保ちます。
 

焦げ付きや汚れが気になったら、ドラムの中に水を注いで、クリーンモードのスイッチを押すだけ。水を加熱して、金属ブレードでかき混ぜながらUV除菌を行い、内部を清潔にすることが出来ます。
 
  • プロジェクト概要
プロジェクトページ:https://bit.ly/3BjJIsj
販売期間:2021年10月7日(木)~2021年12月16日(木)18:00
目標金額:300,000円
価  格:先着99名様限定24%OFF 49,980円(税込)~

 

■運営会社概要
会社名:鑫三海株式会社(英文名 SINSANKAI CO., LTD.)
代表者:代表取締役社長 伴場 義通
本 社:〒590-0012 大阪府堺市堺区浅香山町3丁9番11号
設 立:2019年4月3日
事業内容:クラウドファンディング事業、Eコマース事業、ECショップ運営代行事業
Webサイト:https://www.sinsankai.co.jp

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 鑫三海株式会社 >
  3. さらに生ゴミ処理機を買いやすく!生ごみ処理機の購入に役立つ、生ゴミ処理機助成金制度検索ページを作成